Blog

【追記】 WiMAX 2+ の通信容量制限が緩和される!

昨日更新した記事に、このブログをご視聴?
ご購読の方から指摘された事があったので追記いたします。

ご指摘いただいた方、ありがとうございました♪

「WiMAX 2+ の通信容量制限が2017年2月2日(木)から緩和される」

の件ですが、とどのつまり、早い話が、こう言う事らしい。

通信容量制限をこれまでの「3日間で3GB」から、
今後「3日間で10GB」にデータ転送容量を緩和する代わりに、
通信速度制限を強化する。

現在通信制限がかかっている時の通信速度が2~6Mbps程度で、
これがHD画質の動画が問題無く見られる速度だそうです。

ところが、今後通信制限がかかった場合は、これまでよりも極端に速度を落とし、
最大通信速度が1Mbps になる。

この速度と言うのは、YouTube の標準画質(SD)が、
やっと見られる程度の通信速度になるって事らしいです。

参考ページ
http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/note/speedlimit/

ん・・・

何でこんな事をするんだろうかと考えてみる。

WiMAX 2+ のみのプランだと上記のような「通信制限」をしますよ。
通信制限を受けて1bps になると気持ち良くYouTube が見られませんよ♪
つまりオプションサービスの「ギガ放題」に加入させたいわけなんですね。

UQ Flatツープラス ギガ放題は、月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限(月間7GB超)が適用されません。
参考ページ
http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/gigahodai/

「ギガ放題」と言うのは、標準料金にオプション料金を加算する事で、「月間のデータ通信量に上限がない」と言う売り文句で販売しているオプションプランの事です。ようするに、WiMAX 2+ にはギガ放題加入が必須! って事ですよね。

ややこしい・・・

「通信速度制限」と言うのは、「通信回線の速度」の事。
「通信量制限」と言うのは、「データ転送容量」の事。

良いですか? インターネットの通信と言うのには、「速度」と「容量」と言う、
2つのファクター(要素)があるんです。

いい? でね、今回の件では、制限がかかる条件を「通信データ転送容量」は、
3日間で3GBから、3日間で10GBまで緩和しますよと言っているが、一旦3日間で10GBを越えたなら、飛んで火に入る夏の虫! 一挙に「通信回線速度」を厳しく遅くして、YouTube のHD画質の動画は見にくくしまっせ♪

もしそれが嫌ならオプション料金を余計に払って「ギガ放題」のオプションサービスに加入しなさいよ。そうすれば通信速度は下り最大220bpsの高速通信でネットに接続できるんだよぁ~♪ さぁ、ど~しますか! とWiMAX 2+ 側は言いたいのです。

ちょうど自分がWiMAX 2+ に加入して22ヶ月になった所だったので、最初にメールがWiMAX 2+ から来て、そろそろルーターの電池の持ちが悪くなったり、不具合が起きたりはしていませんか? 今キャンペーン中なので、ルーターの機種変が0円、最新のルーターに取り替えることができますよ♪ と言うもの。

私はルーターをクレードルに乗っけてコンセントから電源を取って、固定回線として使っているので、電池うんぬんは関係無いんだけど、確かにルーターは古くなったので、それなら取換えようかと思って、その申込をした訳です。

そしたら後日、WiMAX 2+ から電話がかかって来て、

「ギガ放題の申込もされたようですが、あなたの場合これまでもすでにギガ放題をご利用されているので、どうしますか? 」

と言うので、「どうしますって何が? 」と聞いてみた。

「以前のキャンペーンの時に24ヶ月の契約になっており、月額760円の割引が適用されています。ただいまご利用期間が22ヶ月目なんで、ここで切り替えると契約残存期間の割引額2ヶ月分1520円がチャラになってしまいます。」

と言う。えぇ~!

ちなみに現在の私のプランは、
UQ フラット ツープラス・ギガ放題、月額3609円(税込)でした。
フラットと言うのは2年契約の固定料金プランの事。

「なので、2ヶ月分の割引1520円と言う金額は結構大きい金額になりますからお電話してみました。それと、今回のお申込みに登録された電話番号が、以前の電話番号と違っているので、それも確認のため・・・」

「電話番号は今話している番号に変わりました。2ヶ月分ってか、どうせ25ヶ月目に自動更新されるんでしょ?」と言うと・・・

「現在のプランをこのまま更新されますと、24ヶ月目で割引が終了となります。ここで切り替えると、2ヶ月分の割引料金1520円がチャラになる代わりに、新しいルーターに無料で交換出来きて、キャンペーン中のギガ放題毎月500円割引が適用されます。現在のプランをあと2ヶ月続けてそこで切り替えようとした時に、キャンペーンが終わっている可能性もありますが。さぁ、どうしましょ?」

さぁ! と言われても・・・ えい!面倒くせー! となり、結局ここで全部切り替える事にした。損してるかな・・・

って言うかさ、どうして通信業者ってのは、こうも胡散臭い手法でお客を確保しようとするのかね? 今回のキャンペーン摘要、残存契約期間2ヶ月保留の後、24ヶ月目の期間満了時に自動切り替えって事には出来ないの? 金、金、金! 金よこせー! としか私には聞こえないのだがぁ・・・
.

本日のまとめ

現在通信制限がかかっている時の通信速度が2~6Mbps程度で、
これがHD画質の動画が問題無く見られる速度である。

今後通信制限がかかった場合は、これまでよりも極端に速度を落とし、
最大通信速度が1Mbps になる。

この速度と言うのは、YouTube の標準画質(SD)が、
やっと見られる程度の通信速度。

WiMAX 2+ のみのプランだと上記のような「通信制限」が適用される。
よって、オプションサービスのギガ放題加入は必須。
「ギガ放題」は「月間のデータ通信量に上限がない」

世の中は「金」で出来ている。
納得・・・・

2017-01-18 | Posted in すべての記事, BlogComments Closed 

 

WiMAX 2+ の通信容量制限が緩和される!

私の通信環境は、WiMAX 2+ のモバイルルーターをクレードルに乗っけて、クレードルから有線LANのケーブルを引っ張って、デスクトップパソコンにつなげている。

2年ちょっと前はOCNで、光ケーブルを引いてあった。
しかし、その料金が高かったので通信速度は快適だったけど、WiMAXでキャンペーンやってたから、料金の安いWiMAX 2+に乗り換えた。

これまで WiMAX 2+ には、3日間で3GBを越えると通信制限がかかっていた。
ん・・・ 自分的にはあんまし気にならない程度だったけど。

WiMAX 2+ のサービス会社の方から言って来たのでそれはそれで嬉しい。

これまで3日間で3GBで通信制限だったのが、2017年2月2日(木)から、3日間で10GBを越え無ければ通信制限がかからないようになるそうだ。

しかも、通信制限が適用されている時の最大通信速度が、今は YouTubeの標準画質でやっと見られるくらいだったのに対してこれからは、1Mbps となって通信制限がかかっている場合でもHD画質で見られるようになるのだそうな。

あ、ちなみにHDと、フルHDでは画像サイズが違う。
HDの画像サイズは、1280pix × 720pix です。
フルHDの画像サイズは、1980pix × 1080pix です。

ただね、WiMAX 2+ は通信速度が、天候に大きく左右されるのが欠点かな。
曇りの日はすごい通信速度が遅い。
雲が電波をさえぎるので、昔懐かしい「H”エッジ」かよ!
と言いたい感じ。(笑)

昔、ノートパソコンにH”カード差してインターネットやってたよね。
あんな感じだわ。

でも、空が曇ってさえいなければ、別にこれと言う不満も無い。
まぁ、快適って言うほどでもないけどね。

やっぱ「光」の方がネットは快適だけど、いかんせん料金が高い。
ネットにつなぐだけで月に6千円とか、払っていられない。

「光」はプロバイダー料金+回線使用料がそれぞれ別料金だからな。
WiMAX 2+ は全部コミコミで月に33609円(今のところ)だもん。
そりゃWiFiで充分じゃねぇ? ネットにつなぐだけだもん。

いずれにせよ、通信制限が緩和されるのは良い事だ。
どのみちスマホとタブレットは、格安SIMで4G使ってるから、
現行の状態でも別に問題無いけどね。
.

本日のまとめ

WiMAX 2+ の通信速度制限が2017年2月2日(木)から緩和される。
これまで3日間で3GBで通信制限だった。
今後は、3日間で10GBを越え無ければ通信制限がかからない。
通信制限が適用されている時でも最大通信速度が1Mbps になる。
通信制限がかかっている場合でもHD画質で見られる。
WiMAX 2+ の通信速度は曇りの日にはメッチャ遅くなる。
.

1/8追記 ブログの内容に誤りがあったようです!

このブログをご視聴? ご購読の方から指摘されて事があったので追記いたします。

「WiMAX 2+ の通信容量制限が2017年2月2日(木)から緩和される」

の件ですが、とどのつまり、早い話が、こう言う事らしい。

追記の記事へ進む⇒

2017-01-17 | Posted in すべての記事, BlogComments Closed 

 

服の寿命は5年間?

先日、車で移動中にTBSラジオを聞いていた時の事。
アパレル業界の人が番組のゲストに来てて、服の話をしていた。

その人によると、服の寿命と言うのは最大で5年なのだと言う。
何で5年なの?
と思って聞いていると、服を構成している繊維の寿命がほぼ5年だと言うのだ。

「繊維自体が4~5年でヨレたり、毛の繊維が抜けたりしてヘタッテ来るので、衣服としての性能を維持できなくなるのね。別に破れたり、切れたり、穴があいたりしていないからと言って、何年も同じ服を着続けている人がいるけども、それって服を着ている意味ないですからね。使用頻度とか関係無くて、別に高い服とか安い服とかも関係無くて、どんな服でも最大5年が寿命って思って下さい。」

なるほどね。

自分はあんまし服には頓着ない方なんだけど、実感として感じた事がある。
セーターとか、ズボンとか、肌着とかあんまり買わないで洗濯やクリーニングして何年も着ている。基本的に穴があいたり、破れたり、糸がほつれたりしない限り普通に着ているのだが、先日肌着のシャツを新しいのを買って、袋から出して着た時に感じた。

「あぁ、暖かいな。今までのシャツは何だったんだ?」つまりこう言う感じなんだろうな。いつも着ている服って、馴れてしまっているので何とも思わないけど、やっぱり新しいのをおろして見ると、肌触りが柔らかいし、い~感じに肌になじむ。特に破れたりしていなくても、何年も着た古い肌着は繊維が細くなって薄くなってるんだろうな。毛が知らぬ間に抜けてたって事?(笑)

肌着やTシャツってワンシーズンで買い換えるべきなんだね。
Yシャツとかも古くなって来ると、糸がやっぱり細くなって来るのかボタンとか取れやすくなるような気がするし。

さて、その「洋服の寿命は5年」と言う話とは別に、どこかのブログで読んだんだけど、違う話も聞いた。それは、「布は色々な念を吸いこんでいる、吸い込みやすい。」と言う話。

どう言う事かと言うと、分かりやすいところでは「部屋のカーテン」ね。
焼き肉をした後にニオイ移っちゃって、思わずファブリーズをシュ! シュッ! とやりたくなるでしょ? それはカーテンの「布」がニオイを吸い込むから。

でね、「布」が吸い込むのはニオイだけじゃなくて、「念」も吸い込むらしい。
「念、怨念、執念」とか? 良くも悪くも、それが服の場合だと、直接人が着ている訳だから、古い服をいつまでも着ていると、良い事なら良いけど悪い事も吸い込んでいるから、着ている人の運を悪くしたりする事があるらしい。

言われてみればそうね。思い出もしみ込んでいるだろうし、その服を着る事で気持ちの上で何か引きずるものがあるかもしれない。新しい服を買って、それを着た時の気分ってい~感じでしょ? そう、気分がリフレッシュするし、わくわくするしね。

機械的に2~3年で捨てて、身の回りの物を新しく買い変えて「念」からも解放された方が良い。財布なんかは特にそうらしい。いつまでも古い財布を使っていると、お札が自然と逃げて行くらしい。こんなのどう? ↓ ↓ ↓

なんで今日はこんな話をしているかと言うと、ふと気が付くと自分の身の回りにあるモノが、全部古くなっている事に気が付いたからなんだよ。服に限らず物でも知識でも何でもかんでも。自分の中ではつい先日の事のように思えるんだけど、良く考えてみると5年、10年、15年前の事(物)でしたみたいな。

物持ちが良いと言えばそうも言えるんだけど、やはり何事も新陳代謝してすがすがしい気持ちでいる事が良く言われる「幸運体質」って事になるような気がする。

【本日のまとめ】

服の寿命は最大5年。
「布」は色々なモノを吸い込んでいる。
物は機械的に2~3年で買い換えて気分をリフレッシュ。
気がつけば自分が思っている「先日」は5年、10年前の事。
定期的に物を買い変える事で「幸運体質」になれる。

最近、なんか「運が悪いんだよなぁ。」とか、「ツキが無いような気がする。」と思った時は、身の回りの物がやたら古いものばかりになっていないか、仕事もお金も人が運んで来るもの。疎遠になっている人はいないか見渡してみよう。

2017-01-09 | Posted in すべての記事, BlogNo Comments » 

 

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
旧年中はいろいろな方々にお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします♪

と! ありきたりな新年のご挨拶をして見ましたが(笑)

ちょっとしたニュースがございます。

2017年1月1日をもちまして、ゆきみ企画の正式名称を
ポストプロダクションゆきみ企画」から

「ゆきみ企画クリエイティヴ」に社名変更いたしました。

と、申しましてもこれまで通り通称「ゆきみ企画」のままで呼んでいただいてかまいませんし、自分もそのつもりでいます。

じゃぁ、何でわざわざ「ゆきみ企画クリエイティヴ」に社名変更したんだよ!って事でございますが、いや、酒に酔った勢いで・・・(爆♪)

まぁ、それは半分その通りで、半分は「覚悟」と税金対策のためです。
いずれゆきみ企画は法人成りして「合同会社 ゆきみ企画」となる予定でやっているので、その覚悟を新たに今年はやって行こうかなと。(^◇^)

えっ? なんですか?

株式会社ではなく、なんで合同会社を目指すかって?
あのね、日本アップルも西友も、Amazonも合同会社であって、株式会社ではありません。
知ってた? そうなんですよ、今のトレンドは株式会社では無く合同会社がトレンドなんです。ってか、別に法人にこだわっている訳ではなく、方向性としてね。

会社を作るのが目的では無いので、ど~でもいい事なのです。法人とかは。
自分が儲かっていれば個人経営のままでも気にしてない。(笑)

要はね、伊達や酔狂、遊びや趣味で「ゆきみ企画」をやっている訳ではないので、仕事として気合い入れて今年はやって行こうかと自分自身に「喝!」を入れる意味で社名変更「ゆきみ企画クリエイティヴ」にした。しようと思った。

あ、酒の勢いも半分あると言っていた事を忘れずにいて下さい(爆♪)

さて、そこまで言ったので二杯目の焼酎をあおりながら・・・

すべての仕事は商品である!

私の持論として「すべての仕事は商品である!」と言う考えがあります。
そう、物販だけではなく、サービスについても私は「商品である!」と考えております。ほら、保険商品とか、金融商品とかと言うのを聞いたことはありませんか? あれって現実的に「物」ではありませんよね。

サービスですよ。形の無い無形なサービス。

サービスでありながら、何ゆえ「商品」と呼ぶのか?
答えは簡単、「定価」があるのです。そうです定価です。

良く「サービス」と言う産業では、それをするのになん日かかったとか、何時間かかった。だからこのサービスは、いくらですと言う請求書をお客様に提出するわけですが、これって何かおかしくないですか? 何日かかったとか、何時間かかったとか、それはお客様にはまったく関係ない事です。売り手側の身勝手な理屈じゃないでしょうか?

もっと言うと、それをするのに何日かかろうが、何時間かかろうが、人件費や仕入にいくらかかったからいくらですと言って、請求書をお客さんに提出すると、同じ仕事をしても価格に違いが出でしまい、お客さんとすれば、あらかじめ「見積書」を書いてもらわなければ、よその業者さんとの比較ができない。その金額が妥当なのか、その仕事のクオリティーがどうなのか、比較検討ができない訳なんです。

一方、そう言う事を言うと、業者さんは必ず言うのです。
「相場はこれくらいだから、この金額なら相当安いと思いますがね?」と。

「相場」って? 相場なんて業者さんが都合が良いように勝手に言うものです。金銭的な事を「相場」と言うならば、品質的な事「クオリティー」という面ではどうなんでしょう? 相場と言う金銭的な事で比較できたとしても、出来ばえ的なクオリティー的な面でも同じと言えるんでしょうかね? もし金額は業界的に「相場」だとしても、そのクオリティーに見合っていなければ、それは「相場」に見合った価格と言えるのでしょうか?

私が言っている「すべての仕事には商品である!」と言う考え方は、そこに端を発している訳です。つまり、その仕事、サービスが商品であるならば、必ず「定価」と言うものがあるはずです。「定価」と言うものがあるならば、金銭的な「相場」と、品質的な「クオリティー」の両方を加味して、価格の決定がされる訳です。

このクオリティーでこの相場=定価

これならお客さんも自分の状況に合わせて定価を基に比較検討する事ができるので、あいまいな何時間かかったからいくらとか、人件費や仕入れがこれだけかかったからいくらのような、不確定要素を排除してそれが本当に適正中か価格なのだろうかと考える事ができるわけです。

住宅のリフォーム工事などが良い例で、トイレやお風呂のリフォーム工事をしようと色々な業者さんに見積りをしてもらうと良く分かるのですが、A社ではお風呂場をユニットバスにする工事を見積もってもらうと、100万だと言い、B社に見積もってもらうと200万だと言います。自分ちの風呂場は一つなので、やってもらう工事は一個ですよね? 同じ工事じゃないですか、それなのになんでこんなにも見積金額がちがうんですか?

A社の言い分は、この工事をするのに人件費が延べ10人分必要なのでこれくらいはかかると言う。B社では仕入がこれだけかかるのでこの価格だと言う。

いや、あのね、工事してもらう風呂場は一個で同じものなんですよ。それなのに価格に開きがあるのってヘンじゃないですか? もしこれが、お風呂場をシステムバスにリフォームする場合の定価が150万円ですと言うのであれば、お客さんも「相場」とか「クオリティー」とかの事で悩まなくて済むし、業者の選定も簡潔にシンプルに決まるんじゃないですか?

「人件費」とか「仕入」とか? そんなのお客さんには関係ない話では無いですか?

最近は良く「同一労働、同一賃金」と言う方向に議論が進んでいます。バスの運転手と言う職業なら月給30万円、どこの会社へ行っても多少の幅はあるかもしれないけどその金額。風呂場をユニットバスに変える工事はどこの会社に依頼しても120万円とかね。そう言う定価のようなものがあれば、お客さんは無駄に悩む事もなく、世の中がシンプルになる。

つまり、これをやったらいくらと言う事をしなくてはならない。

同じ商品なのに、作るのに延べ10人の人件費がかかったからこの商品は150万円ですとか、現在の世の中では通用しない考え方のです。同じ商品なら、同じ価格でなければヘンな訳です。つまり、同じ事をするのであれば、業者と言うのは人件費がどれくらいかかろうと、仕入がどれだけかかろうと、それは業者の工夫と経営努力によって、同じ価格にするべき理由であって、お客さんには一切関係無い理屈なのです。

あえて言うならクオリティーの違い「技術料」と言う見積書の項目で多少の差異が生じると言う程度の事だと思います。

このあたりの事で多くの消費者は「だまされている」と言っていい。

まとめ

適正価格と言うのは「定価」があるモノに対して比較検討されるものであって、業者さんの内部事情により上下する、定められるものではない。相場と言うのは業者さんにとっての都合に合わせた論理であり、お客さんには何の関係もない。「同一労働は同一賃金」であり、たとえサービスの類でも、すべてを包括的に商品とみなして「定価」に基づく価格を決めるべし。よって「すべての仕事には定価を持って判断基準とすべきである。」

う~ん・・・ リフォーム屋に相当恨みでもあるかの如き記事になってしまった(笑)
しかしこれは私の持論であり、間違っているとは思わない。

以上です。

2017-01-01 | Posted in すべての記事, BlogNo Comments » 

 

郵便局留めでの商品の注文方法と受け取り方

【郵便局留めでの商品の注文方法と受け取り方】

●商品のご注文方法

ゆきみ企画通販のページにアクセスします。

希望の商品のページへ飛んで、商品をカートへ入れるボタンを押します。

内容を確認の上、次へボタン押す。

「会員ではない方はこちら」の方の入力フォームに氏名と住所を入力して「次へ」。

発送先の欄で、別の発送先を指定するを選択。

お名前の欄に郵便局名、支支局名を入力。

住所はあなたの住所を入力。

郵便番号は、あなたが商品を受け取りに行く郵便局の郵便番号を入力

電話番号は、あなたの電話番号を入力。

支払い方法を「クレジットカード払い」か「銀行振込」か指定する。

最後に「次へ」を押す。

注文内容の確認ページになるので、「上記内容で注文する」を押す。

以上です。

 ※受け取りたい最寄りの郵便局が分からない時は下記より検索して下さい。

 最寄りの郵便局をさがす
 https://www.post.japanpost.jp/office_search/index.html


●商品の受け取り方法

あなたの指定した郵便局へ商品を発送後、当店より発送完了メールを送信いたしますので、郵便局の窓口へ商品を受け取りに行って下さい。

その際、郵便局留めである事、あなたのお名前、郵便物の種類を窓口で言って下さい。
荷物のお問合せ番号がある場合は、その番号も言うと処理がはやいです。

また、商品受け取りの際には、本人確認ができる免許証等の提示が求められます。

郵便局に商品が届いた日時より、10日間しか保管してくれないので、早めに郵便局へ行って商品を受け取って下さい。

商品の配達状況を調べるには、追跡サービスのページで「お荷物お問合せ番号」を入力すれば調べられますので、郵便局への到着日が推測できます。

http://tracking.post.japanpost.jp/services/srv/search/

ではご注文お待ちしてます (^^ゞ

全国一律送料無料のゆきみ企画のショップはこちら

2016-12-17 | Posted in すべての記事, BlogComments Closed 

 

Amazonですぐに商品を購入してはいけない!

ic-amazondekaunohamate

Amazon大好きなゆきみ企画なのですが・・・ (笑)
Amazonの商品ページを見ていて、欲しい商品が見つかったら、
やるべき事があるのはご存知ですか?
これをやらないと大損してしまう事があるんです。

ノウハウと言うほどの事では無いかもしれないけど、知っていると知らないでいるのでは大違いなので、ゆきみ企画ファンのみなさんが損をしたらあかん! と言う想いで書いておきますね。

そもそも私は古い日本の映画が好きでよくAmazonでDVDを購入するのですが、最近の業界の動向として復刻版やデジタルリマスター版など、昔発売されたDVDがリニューアルしてどんどん発売されているのです。なので、ヒマに任せてAmazonを見て回っていたりしている時に、おっ! コレ欲しいと言ってすぐに購入ボタンを押してしまうと、古いバージョンの高価な商品を購入してしまう場合があります。

同じ商品でも年代別にいくつかの商品がAmazonには出品されている事が多いです。
たとえばこう言う感じ・・・(クリックで拡大します)

blog-20161122

発売された年代、価格がまちまち。
このように同じ商品でも色々な物があるので、Amazonで商品を購入する際はその商品名をコピペして、Amazonの検索フォームに貼りつけて検索しましょう。同じ商品なのに色々な物が表示された場合には、その中から自分が欲しいと思う商品を選び、購入する事をお勧めします。

もっとも、古い年代の商品が欲しい、カバーが違っても安い物が欲しいなど、人それぞれなので自分にとって一番最適な物を選択すれば良いのです。

この傾向はDVD、写真集、書籍などに良く見られる傾向がありますので、Amazonで欲しい商品があった場合には必ずAmazon内で検索すると言うクセを付けると、自分にとってより良いお買い物をする事ができます。

ではまた。

2016-11-22 | Posted in すべての記事, BlogComments Closed 

 

Amazonプライムは結構使える事が判明!

icach-amazon

ある日突然? Amazonはプライムサービスを優先させて今後のサービスを展開して行くと発表し、これまでAmazonが販売する商品の送料は無料だったものを、送料をもらい受けると言う事にした。何と言うことでしょ~! Amazonのヘビーユーザーだったもので、思わずのけぞってしまった(笑)有料のプライム会員になればこれまで通り送料は無料のままだそうだ。プレミアム無会員にならなくても送料が加算されるだけで、買物はできるらしいが、年会費3900円払うだけで、立派なAmazonプライム会員になれ、しかも様々な特典サービスが受けられると言うのだが・・・

(さらに…)

2016-10-04 | Posted in すべての記事, BlogNo Comments »