Blog

不要ファイルクリーンアップで快適なPC環境に?

久々の更新、乙! です。
なので、ゆきみ企画の近況など少々。

6月中は、とあるサイトの更新に取り掛かっておりました。
有料で動画をストリーミング配信する公式サイトでございます。

で、作業の合間で休憩している時に、
「358個の不要ファイルがあなたのPCの動作を遅くしています。今すぐ不要なファイルをクリーンナップして快適なPC環境を構築しましょう。」

と言うアンチウィルスソフトからのポップアップがディスプレイの右下から、
ニョキッ! と出現いたしました。

そう言えば最近PCの動作が重いよな・・・

まぁ、常々感じておりましたし、そのクリーンナップとやらをしてみるか。
そう思いそのポップアップをクリックしてみると、1680円/年額。
と言うのがでてきました。

つまり、クリーンナップをしたければ有料のソフトを購入して、
インストールしろと言うわけですな。

ちょっと不意を突かれたと言うのが正直なところですが、
確かに自分のパソコンは動作が重くなって来ているし、
ちょうど良いタイミングングなのかな? と、思ったんだよね。

で、さっそくペイパル決済でそのソフトを購入、インストールしてみた。
ハードディスク内を一通りスキャンし終えてみると、
確かに358個の不要ファイルが検出された。

パソコン動作が重いのはこれが原因か。
「クリーンナップを実行する」ボタンをクリックしてみると、
すぐさまクリーンナップ完了と出て、再起動をするようにと出た。

そして再起動をしたら、Windows が立ち上がらない・・・
あれ?と思って、何度も電源を切ったり入れ直したりして、
再起動を試みるが、ハードディスクのカラカラと言う音がするだけで、
ん? Kara、Kara?

いや、そうではなくて何度も再起動を試みるが、
ハードディスクのカラカラと言う音がするだけで Windows が立ち上がらない。

何で? と真っ青になったが後の祭り。
どうやらこの購入したクリーンアップソフトがやらかしてくれたようだ。

そう、Windows の起動ファイルも不要ファイルとして削除してくれたようだ。
なんて親切な有料ソフトだろ。この大バカ野郎!

お金を払って Windows の起動ファイルを消されるとは何事か!
この瞬間より私のメインパソコンは故障となった。
よりによって、WEB制作の真っ最中だと言うのにだ!

お客様からは「早くWEBサイトを完了させて下さいね。」と
言われていると言うのに・・・

ともかく急ぎこのメインパソコンを治さなくてはならない。
今回はハード的な故障ではなく、原因がハッキリ!している。

Windows の起動ファイルが消されてしまったと言う事は、
もうOSのクリーンインストールしか手段がない。

だがしかし、それをするとインストールしてあるすべてのソフトが、
消えてなくなってしまうのだ。工場出荷時の状態に戻る・・・

((+_+))

第一、リカバリーディスクを持っていないし、作ってもいなかった。
どうしよう・・・

そこで見つけたのがこの YouTube の動画だ。

やはり困った時のYouTube (笑)
この動画の方法を参考に復旧作業をやった結果、無事にWindows10 復活!
ウプ主様に感謝です。

で、パソコンは復旧したものの、大量のソフト類を再インストールしなくてはならない。このアプリケーションソフトの復旧の方が骨が折れるのである。何しろパッケージ版のソフトは良いとして、ダウンロード版のソフトはプロダクトキーが見つからないし、よりによって動画編集ソフトがこのタイプだったので、買い直さないと動画編集が出来ないと言う・・・

痛手だな。と思っている時に、ソフト会社からセールのご案内メールが届いたではないか♬ 25%OFF マジですか! 速攻で購入・インストール。

よし、これで動画配信サイトの製作が再開できるぞぉ~! ← 今ここ

と言うわけで、最近はこんな感じの日々を過ごしております。
今日はこれにて。再見!

.

2019-07-07 | Posted in WEB制作, BlogNo Comments » 

 

ゆきみ企画が Youtuber に? の巻

ゆきみ企画がユーチューバーに?

なるわきゃねぇ~だろ(笑)

と、肩透かしを食らわせたところで、ずっと忘れ去っていた YouTube の
「ゆきみ企画チャンネル」に愛犬「ネロ」とのお散歩の様子をUP! しました。

この動画を撮ったのは、令和元年五月十二日日曜日午後三時過ぎ。
別に何事もなく愛犬と散歩している風景なのですが、
事件はこの週の週末、土曜日に起こったのであります。

まずはYouTube 「ゆきみ企画チャンネル」のこの動画をお楽しみ下さい。
チャンネル登録と高評価よろしく♪

さて、チャンネル登録と高評価はしていただけたでしょうか(笑)

で、事件と言うのがです。
ウチの可愛い愛犬ネロちゃんが、通常の予防注射をするため、
動物病院へ行ったのですが、あまりにも太っているため検査をする事に
なったわけです。

そして検査後に獣医から「糖尿病です!」と告げられ緊急入院。
そう言えば最近やけに水をがぶ飲みするなぁとは思ってた。

しかし、それ以外は特段変わった事は無かったんですが、
血糖値が異常に高かったんですよ。

獣医さんには別に普段とは何ら変わった所はないし、
散歩に連れて行っても普通に走り回ってますよ?と言うと、

「犬は飼い主に気を使うので、具合が悪くても平静をよそおって、頑張がんばっちゃうものなのです。だから症状が見られた時には、重症化していたなんてことはよくある話なんですよ。」

そう言う事らしい。
ちなみに犬種は「マンチェスターテリア」9歳。
得意技は、宅配業者が玄関のチャイムを鳴らすと、
たとえどこにいたとしても、物凄い剣幕で走って来て宅配屋に吠える。
なので宅配屋センサーとして、非常に役に立っている。

実に優秀な愛犬でございます。

で、結局一週間入院して、5月25日(土)に一応退院できた訳ですが、
糖尿病なので、人間と同じく食事制限とインスリン注射をする羽目に。

食事時間は毎日午前9時と、午後9時の一日2回。
水の量は、一日600~700mlまで。
食事が終わった瞬間に、インスリン注射を首筋にブツ!と。

可愛い愛犬に注射をする時の気持ちったら・・・

あぁそうそう、退院の日の二日前から人間の方が通院して、
注射のやり方を獣医さんにレクチャー受けながら練習させられる。
首の皮をつまんで、注射器は斜め45度の角度で、躊躇なく刺す。

そんな事言われたって、必殺仕事人の梅安でもあるまいに・・・

ちなみに注射器はペンタイプのカチっ!とかするやつじゃなくて、
普通の注射針にピストンが付いてるやつ。

今現在はインスリンの量を最適化するために、自宅療養しながら、
一週間ごとに通院して血糖値を計測し、経過観察をしているところ。

もうね、すごい痩せちゃってと言うか、本来は今ぐらいの体型が本当なのだろう。
あっ! 一つだけ言うと、看護師のおねえさんが重大なミス?を犯して、
獣医さんが「注射打つ部分を、剃毛しといて。」と言ったのに、
注射を打たないところの背中の毛を4cm四方に剃ってしまった。
「ご、ごめんなさい! ここじゃないんですって!」あのな・・・
背中に意味のないジャリッパゲ状態になってるぞ! ど~すんだよ!

一日も早く毛が伸びて欲しいと思う次第です。
ではまた。

2019-05-27 | Posted in BlogComments Closed 

 

【緊急告知】平成時代の忘れ形見あり

こんばんを~♪ (^^)/
本日の話題は言われてみて「はっ!」とする話です。

時代は平成から令和へと移り変わり数日が過ぎましたが、
ここで一つ気がつかねければならない重要な事案が発生いたしました。

それは自動車の運転免許証を持っている人にです。
ご存知の通り、自動車の運転免許証には更新と言うものがございますね。

あなたの自動車の運転免許証の更新年月日は令和何年ですか?
はい、即答できる方は何人くらいいるでしょう?

ちなみに私の自動車の運転免許証の有効期限は、
平成34年12月8日まで有効です。

(◎_◎;) 令和だと即答できない・・・

そこで調べてみた。

私の場合、次の自動車の運転免許証の有効期限は、
令和4年の12月8日でございました。
西暦で言うと、2022年になりまする。

ではもう一度お尋ねいたします。
あなたの自動車の運転免許証の有効期限は令和何年ですか?

(^_-)-☆

参考資料を書いておきますので、一応すぐに確認しておいて下さい。

・平成31年(令和元年)=2019年
・平成32年(令和2年)=2020年
・平成33年(令和3年)=2021年
・平成34年(令和4年)=2022年
・平成35年(令和5年)=2023年
・平成36年(令和6年)=2024年

まぁ、更新日が近くなれば、
運転免許センターから更新通知のハガキが届くので問題ない。
とは思いますが、一応各自予定などもあるでしょうから、
確認しておきましょう。

やはりこのように、有効期限や更新が必要な物については、
元号を用いるよりも、最初から西暦表記の方が合理的だと思いますね。

自動車の運転免許証以外にも各種ライセンスや、
定期券、ん? 定期券は何と表記されてるんだろ?
まぁ、平成時代から令和時代に移り変わったと言う事は、
こういう事も起きると言う事例です。

では本日はこれまで。

2019-05-03 | Posted in BlogComments Closed 

 

祝! 令和元年のタイミングで財布を切り替えた

令和元年おめでとう。上皇様、お疲れさまでした。
本日から元・浩宮さまがめでたく新・天皇へご即位なさりました。

元・浩宮さまは59歳で皇位継承ですね。
私と二つ違い、そして新・皇后さまの雅子さまは私より一歳年下。

天皇様は四緑木星、皇后さまは一白水星の生まれ星です。
相性は、水生木、皇后さまの水性が天皇様の木性をはぐくむと言う間柄。
このご夫婦は、かかあ天下ですね。(笑)

さて、それはさておき。

物事にはタイミングと言うものがあり、平成から令和に改元される。
これは大きなタイミングの一つだと思いました。

だもんで、このタイミングでお財布を新しく買い換えました。
先日「幸運の手掛かり足掛かり」の記事の中で書きましたが、今年一月に購入した「開運財布」の中に入れてあったお札から「息苦しい。」と言う声が聞こえたもので、これは何とかしようと思い、ひそかに財布を購入しておりました。(笑)

で、毎度の事「お財布の初期設定」をして寝かせて置いたのですが、
ちょうど改元のタイミングですので、今日から切り替える事にしました。

開運財布もまだ今年の正月に使い始めたばっかりで、
まだ新しいのでもったいないかなとは思いましたが、
財布の中身にふさわしい物にいたしました。

PRDAのお財布でございます。(写真は箱)

そして箱の中身はこのようなものでございます。
さすがにブランド品なので、大そうな箱と包み紙? でございます。
ユーザーIDカードも入っておりました。

「開運財布」からすれば10倍を超えるお値段です。
でもその価値は十分ありそうです。

うん、結構ミーハーな私、昭和生まれでバブルを知っている世代です。
でも別にお金持ちな訳ではございませんが、フリーキャッシュはいつも、
10万持っております。

フリーキャッシュと言うのは、いつでもどこでも、
何に使おうが自由に使えるお金の事。

まぁ、だからと言ってむやみやたらに使うものではありませんが、
これは心のゆとりにつながるものです。

それはともかく。

このPRADAのお財布、なかなか質の良いお財布です。
お値段相応って気がしますね。

手に持ってみると、結構これまでのお財布より細身なので、
非常に持ちやすいのと、小銭を入れるところが外側にもあり、
マチも施されていてこれはすごく便利なんじゃないかと。

ただし、お財布のフタ? はボタン式で2か所、
しかも離れているので開けにくい。

意識して開けないと開きません。
無駄使いすんなって事でしょうね。(笑)

「令和」と言う時代は、量より質の時代、
自分にとって本当に必要な物だけを買う、使う時代になると思います。

このお財布とともに「令和」の時代を気持ちよく飛躍させて行きたいと思っている次第でございます。

ではでは。

(^^)/

2019-05-01 | Posted in BlogComments Closed 

 

平成 ⇒ 令和へ

平成から令和へ、栄光の架け橋。
さて、今日は平成の元号の楽日ですな。

小渕官房長官が「平成」の額を掲げたあの日から、
もう30年、そして31年目に突入しているところです。

あの時は「平成」と聞いて、なんだかだっせ~な! とか思ったんだが、
あれから30年! えぇ~! そんなに経った?
って感じ。

ちょっと振り返ると、一番驚いたのが「Windows95」が発売され、
世間がにぎやかに騒いでいたあの時って、ずっと昭和だったと思ってた。

あれって平成になってからの出来事だったんだね。
平成って1989年の1月8日からだから、まぁそうだよね。

私は昭和生まれだから、よく考えると昭和の時代ってまだ学生だった。
オトナとして物心ついて、ネット上で活躍し始めて、
全盛期を迎えたのは2000年になってから。

なにで活躍してたかと言うと、ストリップの踊り子の追っかけ。
ステージレポートの貴公子と・・・(笑)

毎週日曜日には浅草ロック座へ行き、
ステージを見てそのレポートをHPにアップすると言った日々。

そして運命のめぐり合わせなのか、
大阪十三ミュージックのアイドル踊り子木内雪美と出会うわけだな。
しかもその出会いはストリップ劇場ではなく、個人的なメル友として、
知り合い、ストリップ劇場へ踊り子の木内雪美のステージを見に行くと言うのではなく、メル友がたまたまストリップの踊り子やってるから、ストリップ劇場へ会いに行くみたいな妙な事になった。(笑)

そして、木内雪美の紹介で渡辺理緒と大宮で初めて対面をする事になり、その日から私の活躍が始まったわけである。

渡辺理緒のステージは筆舌に尽くしがたいほど、素晴らしいステージであったため、そのステージのレポートを必死になって書き続けた事で今の私のポジションを獲得したと言える。つまり、渡辺理緒によって「私は活かされた」のである。

木内雪美と渡辺理緒と言う女性二人によって私はこの世に生まれたとも言える。
私にとって「平成」とはそう言う時代だった。

そして私にとって「平成」と言う時代は実に「能天気」で「C調」に過ごせた。
多分、私が私である大元は、能天気でC調でいる事だと思うのだ。

ところが最近の私はどうだろう。

周囲とのバランスや社会人としてとか、責任とか、忖度とか。
どこか自分で自分の首を絞めているような事ばかりだ。

私は別に「社会的に立派な人」になどなる必要はないのに、
何事においても「こうあるべきだ!」などと考えてしまう。

ん~・・・
いつから私はこんな風に自分を欺くようになってしまったんだろうな。

今の自分は自分ではないって感じがする。
そもそも自分は「能天気でC調な人」なのだ。
別に「良い人」になる必要などどこにもないので、
もっと「本能」のままに「自由」に生きていいはずだ。

自分にとってこれからやって来る「令和」と言う時代のテーマは、
行き過ぎた「理性」を捨てて、本来の自分、あるがままの自分に戻る。
そう言うこったな。

あぁ、「理性」を捨てるとは言っても全部捨てるわけではない。
全部捨ててしまうと、きっとこうなる(笑)

 

2019-04-30 | Posted in BlogComments Closed 

 

松のお手入れ代表代行

自宅の庭木の中に松の木がある。
毎年私の父上が脚立に上ってお手入れをしているのだが、
もう高齢で足がなえて動けない。

ちょうど今日はその父上の誕生日であり、
満84歳を迎えた。

考えてみると今日が誕生日と言う事は、
平成最後の誕生日と言う事になる。

おめでと~♪ (^^)/

今夜はケーキでも買って来て、
バースデーパーティーでもやって、
家族でお祝いをしてあげようと思っていた。

それなのに今夜私は会議があって、
夜は出かけなければならない。

なんてこった。

私にとって一番大切なものは「家族」、
そして「家族と一緒に過ごせる時間」。

なのに「会議」とやら外部的な人付き合いで、
その大切な私の時間を他人のために捧げなくてはならない。

がっかりだ。

そう言えばね、昨日か、天の声が降りて来て、
「あなたは自分のまわりにバリアを張って、外的な事をその中に入れてはいけない。自分にとって何が一番大切なものなのか、よくよく考えるべし。」

そう言われたんだけど、何の事か意味が分からなかったんだが、
つまりこれの事だったのかと思い当たった。

だがしかし、いきなり携帯電話に掛かって来た会議の出席要請に、
「あ、本部三役会議ですか? なら出席します。」と、
応答しちゃったんだよな(苦笑)

電話を切った後になって、父上の誕生日だった! と
気が付いた時には後の祭り・・・

やはり「天から降りて来る声」が言う事はよく考えないとな。
まぁ、行くと言ってしまった以上もうしょうがないので、
私の事を必要としている人が他にもいると前向きに考えよう。

で、松の木のお手入れの事だが、春になって来ると、
庭木の松に新芽が、まるでチンアナゴみたいに伸びて来るんだよ。
なのでこの新芽をポッキリと根元からもぎ取らなくてはならない。

私は庭木のお手入れなど生まれてこの方やった事が無い。
だから父上にどうすりゃいいの? と聞いてみると、
4月中に新芽を根元から折ってしまわないと、
新芽が固くなって折れなくなると言う。

このままにして置いたらど~なるの? と聞くと、
普通に葉っぱが出て枝になり、妙な形の松の木になる。
と言うので、父上が脚立に登るのは無理だから、
じゃぁ、家族の代表代行として私がやるしかないかと言う事で、
今年は私が生まれて初めて園芸? をやってみた。(笑)

脚立に登って、新芽の根元を指でつまむと言っても、
相手は松の木だからね、葉っぱの先がとがっていて、
チクチク痛いんだよ。松ヤニでベトベトになるし。

しかしながら、父上に教わりながら一回体験してしまえば、
来年からは聞かなくても自分でできるので、良い経験となった。

2019-04-26 | Posted in BlogComments Closed 

 

幸運の手掛かり、足掛かりについて

お前も! ヒーラーにしてやろうか!
と言うより、あなたはすでにスピリチュアルヒーラーですよ?
自覚症状があるはずです。

とある方から言われ、その気になっているゆきみ企画です。(笑)
でも心当たりは確かにある・・・

さて、今回のテーマは「幸運の手掛かり、足掛かり」と言う話です。
まず、先に結論から書いてしまいます。
 

幸運の手掛かり、足掛かりとは

幸運の手掛かり、足掛かりとは、「気付く事」です。
そしてそのために「俯瞰(ふかん)する事」です。

では今日はこれにて終了です。(冗談!)

私が最近「気付いた事」は、コンビニや100円ショップなどで買い物をした際、
お釣りとして戻って来るお札は「非常にくたびれている」と言う事に気付きました。

どう言う事かと言えば、千円札、五千円札が、折り目、シワシワ、相当使い込まれて
まるで鼻をかんだティッシュを丸めて、それを再び手で伸ばしたかのような、
ひどい状態のお札が買い物のお釣りとして戻って来る事が度々あります。

まぁ、誤ってお札をズボンのポケットに入れたまま洗濯機で洗ってしまい、
あとからそれに気付くなんて事は誰にでも経験があるかもしれません。

しかしながら、なぜコンビニや100円ショップではお釣りにシワシワな、
くたびれたお札が帰って来るのか?

これは、マネーリテラシーの低い人たちがその手のお店によく行くからです。
お金に対する意識がとても低い。
得てしてそのような人は、貧乏な人が多いです。

お金には人格いや、金格と言うものがあり、
人間と付き合うようにその金格を認めて、尊重してあげれば自然と仲間を連れて、
また自分の所へやって来るようになります。

人間でもお金でも大切にしてあげれば心は通じ合うのです。

確かに長く世の中に流通してくれば、疲弊しますし、折り目やシワにもなります。
お札も疲れるんです。そう言った過労死寸前のお札が、もし自分の所へ来たら、
最寄りの銀行へ行って、新しいお札と交換してもらいましょう。

では何でコンビニや100円ショップのお釣りにはくたびれたお札が多いのか。

こう言うお店によく行く人は、必要もないのに常に小銭を使うので、
いつも財布の中にお金がありません。

これ安い♪ この値段なら買える♪ などと言って、本当に必要でもないのに、
買えると言う理由だけで物を買う、つまりお金を使ってしまいます。

ちりも積もれば何とやらと申します。
この言葉はプラスの意味とマイナスの意味があるのです。

たとえ100円でも、ちりも積もれば1万円になります。
小銭と言えども、常にお金を使い続けていればそりゃ貧乏になります。
小銭と言えども、常にお金をため続ければ小金持ちになります。

お金と言うのは、大きな満足や大きな幸福を買うために感謝して使うものです。
自分にとって本当に満足できるものにお金を使うクセをつけましょう。

 

欲しいものリストを作ってみる

よくAmazonやECショップのサイトでは、自分の「欲しいものリスト」を作れる機能があると思いますが、そう言った機能を使うのも良いですし、ノートに書き出して見るのも良いと思います。

一旦そう言った「欲しいものリスト」を作ってみたらば、しばらくそのリストを眺めて過ごす日々を過ごしてみて下さい。そうする事によって刹那的に欲しいと言った物は、何であの時こんな物が欲しいなんて思ったんだろう?と、気付くと思います。

そうして厳選に厳選を重ねて行くと、本当に自分にとって必要な物が見えて来るはずです。それが「天から声が降りて来る」その時なのです。

分かりますか?

コンビニや100円ショップで売っている物は、買っているのではなく、
お店から「買わされている」のです。そこに気付いて下さい。

バーチャルではなく、リアルを生きているあなたには、「本当に自分にとって必要な物」と言うのは、それほど多くはないと言う事に「気付く」と思います。それに気が付く事が出来れば、お金が足りないと言う現実は起こりません。

 

お金の声を聞く

先日、私はお金の声を聞きました。

「この財布はせまっ苦しくて嫌だよ。何とかして欲しい。」

はぁ? だ、誰だ今そう言ったのは?

声なき声、まさに天から声が降りて来ると言うものでした。
いつもそうなんですけど、この「天から声が降りて来る」と言う状態は、
ふとした時に耳元でつぶやかれるのです。

気のせいか。と思えばそれだけの事なんですが、一応確認のために今自分が使っている財布、
「開運財布を買いまして、今初期設定中よ」の記事で書きましたが、この財布を開いてみると、確かに真新しいピン札のお札が隅っこの方が折れ曲がって収納されておりました。

何度かお札を入れ直してみたのですが、財布を閉じるとどうもそのような状態になるようでした。私としては開運財布だからきっと開運出来るだろうなと思っていたのですが、お札にとっては構造的に? 寸法的に? 30万円分のピン札を入れて置くには小さかったようです。

やはり器不足か。

5000円弱で買った財布にはその程度のパワー、波動しかなかったかと思いました。そこでちょうど年号も改元されて新しい時代へシフトするタイミングなので、もっと波動の高い財布に買い替えよう、収納したお札が財布の中でくつろげるような、良品に買い替えようと思った訳です。

それにしても声なき声、「この財布はせまっ苦しくて嫌だよ。何とかして欲しい。」と言うヴァイブレーションが現実と合致してる事に気が付いた時には、マジでビビりました。本当にお金が自分の思いを私に伝えてきたと言う事にビビりました。

これも気が付かなければそれまでの事。気のせいだと気にしなければそれまでの事。ですよね。財布を開けて確認してみて、あの声なき声は本当だったのかと思った時、では今まで折に触れ聞こえた声なき声も、本当に自分に聞こえた「天から声が降りて来る」と言うものだったのかも知れないと思えるようになりました。

スピリチュアル的に言うならば、守護霊とかガイドとか、天使とか言われる自分を良い方向へ導く目には見えないモノ。だけどなんだか分からないけど確実にそばにいてアドバイスをくれる不思議なモノ。

ちなみにこれまで言われたことは、
バタバタしない。先々の事を不安に思ったり先取りしない。投資のような自分の手を汚さずに手に入れたお金を天は喜ばない。あなたは私たちから守られているので、理論的に考えるんじゃなくてもっと自分の直感を信じなさい。本当に必要なお金は必ず手に入るから、何も心配しないでもっと人のためになるようなコンテンツを作りなさい。あなたが作るコンテンツを待っている人がたくさんいるし、それを作ることがあなたにはできるのです。もっと自分を自由に、自分を信じて前へ進みなさい。

これらの声なき声が天から降りてきています。気のせいなのか、私の頭がおかしいのか分からないですけど、こう言うメッセージが耳元だったり頭の中に浮かび上がって来る訳です。こう言うのをチャネリングとか言うのですかね?

とにかく最近はこう言う事が矢継ぎ早に起こるのです。
多分、こういう事は私だけの事じゃなくてあなたにも日常的に起きているのだと思いますが、その事に気付くか気付かないかの違いだと思うんです。

だから「気付き」と言うのはとても大切な事なのです。

 

2019-04-24 | Posted in BlogComments Closed 

 

ゴールデンウィーク今年は10連休ど~なの?

1週間後、4月27日(土)からゴールデンウィークが始まりますね。(^O^)
今年は10連休だそうです。

とは言え、すべての人が丸ごと休めるって言う訳でもない。
カレンダー通りの人もいるだろうし、
むしろゴールデンウィークだからこそ仕事が忙しいと言う人もいるでしょう。

私の場合はいつも休みなんで、ゴールデンウィークだからと言っても、
10連休だよと言われても特に何て言う事もないのですが(笑)

まぁ、私の場合は働きたい時は働くけど、働きたくない時は働かないと言う、
自由人でございます。

そうですねぇ、何かアイディアがひらめいた時には動き出す・・・

ところで、 このゴールデンウィーク中に「平成」が幕を閉じて「令和」の
時代に突入いたします。歴史的にも非常に重大なゴールデンウィーク、
10連休となる訳ですね。

こんな時ぐらい日本在住の働く人々全員、もれなく休めばいいんだよな。
もうね、日本中全部休み! どこへ行ってもお店は休みだし、
アミューズメントパークも、スーパーマーケットも、宅配便も郵便屋さんも、
ガソリン屋さんも、テレビもラジオも、インターネットも、
何もかもすべてが休み。電気も来なけりゃ、水道も来ない。

警察も消防も泥棒も詐欺も全部休みで、何も動かないと言う・・・

空想の話だけど、もしこうなったらどんな事になるのか。
みんなはそんなゴールデンウィークの10連休を、一体どう過ごすのか?
一度体験してみたい気もするね。(笑)

ちなみに、昭和64年(1989年)1月7日に平成と改元、
翌日の1月8日施行となり、1月8日からが平成となりました。
今回の「令和」の改元は2019年5月1日(水)午前零時をもって、
新しい時代「令和」となる訳です。

昭和から平成に変わるプロセスは、昭和天皇の御崩御(逝去)があって、
皇太子さまの天皇即位と言うちょっと喜んでいいのか、悲しんでいいのか、
日本国民が複雑な心境の中で「平成」と言う新しい時代に移行しました。

しかし今回の「平成」から「令和」への改元は、今上天皇さまの生前退位
に伴う世代交代による移行ですので、心から素直にお喜びできますね。

平成時代は31年、皇太子さまは今年59歳かな?
とすると、令和時代はどれくらい続くんでしょ。
現皇太子さまにはお健やかで長生きしていただきたいと思う次第です。

私のヒーリング的な予感では、「令和」になると世の中の価値観が、
一気に変わって、これまでの価値観や常識が大きく変化して行くと
思っています。

物質的な価値観から、心の時代、無償の愛の時代へと昇華して行く。
お金をたくさん持っていても、それを他人のために役立てなければ、
生きて行く事が出来ない世の中になって行く。

愛をもって助け合わないと生き延びられない世の中になって行く。
サービス業がもてはやされて、モノづくりをする人々が軽んじられて
いる傾向ですが、野菜を作れる人、魚を釣れる人、日用品を作れる人、
そう言う人はやはり強いし、大切な人たちです。

お店ばっかりあっても、野菜を出荷する人はいません。
魚を摂って来る漁師はいません。
木材を加工して日用品を作れる人はいません。
海外から輸入? 輸出してくれる国がいなくなったらどうしますか?
人々はこれから益々助け合っていかなければ生きて行けなくなります。

すでにそう言う時代が始まっています。
独りよがりや、独り勝ちが出来た世は、
すでに終わっている事に気が付きましょう。
愛が無ければ生きていけない世が、すでに始まっているのです。

2019-04-20 | Posted in BlogComments Closed 

 

動画解説その解釈と応用

こんばんを~♪ (^^)/ ゆきみ企画です。
さっきYoutube を見てたら、めっちゃ面白い動画見た。

最近のYotube 動画、タラタラ長ったらしい動画が多いけど、
以外にも面白い動画ってのは、概して短いものである。

何でそうなのかと言うと、それはセンスの良いアイディアと、
緻密に練られた企画があるからだ。

まぁ、ともかくこの動画を見てくれ。30秒だからさ。
動画を見てもらってから解説するね。

はい! いかがでしたでしょうか?
めっちゃ面白くなかった?

では早速動画の解説です。

まずこのシチュエーション。
露店で「さけるグミ」を売っているテキトーそうなオヤジさん。
そこへ世間知らずそうな坊ちゃんがグミをくれと言う。

するとテキトーそうなオヤジさんが思いもよらぬ金額を口走る。
108万円だと言う。ぼったくりとかそんな甘い話じゃない(笑)

もちろん露天商のオヤジさんも本気で言ってる訳ではないが、
坊ちゃんはお金を持っていないので「ママ~!」と母親を呼ぶ。
するとそこへどこから出てきたのか金持ちそうなマダムが現れる訳だが、
子供に言われてマジで108万円をキャッシュで払う。

現金を見たオヤジの態度が一瞬で豹変する。
さすがに本気で108万円払うとは思っていなかったオヤジは、
サービスしますと適当にいくつかの商品を袋に突っ込む。

この露店は「さけるグミ専門店」なので、
店ごと全部売ったとしても108万円にはならないよね。

だから今度はただ単に商品を手渡すだけでは気が引けるので、
わざわざ店から道へ出て手渡しお見送りすると言う・・・

 

世の中の縮図と商売の心得

この動画、たった30秒だと言うのに非常に深い風刺が効いている。
例えば庶民的なテキ屋のオッサンと、
物の価格が分からないセレブな親子。
セレブすぎて金銭感覚が麻痺してるのかも知れないけど、
あまりにもアホ過ぎているところが面白い。

108万円も現金を持ち歩いているって事は、
財布の中にはさらにお金が入っていると推測できるので、
よく財布のフタが閉まるなぁと。(笑)

その金額だと普通小切手書いて渡すんじゃねぇ?
クレジットカードは露店では使えそうにないし。

でもこの動画見てて気付くと思うが、
ボッタクリ価格でも商品は売れると言う事。

しかも販売する相手はその人自身ではなく、子供。
つまり子供をターゲットに売り込んで、
親にスポンサーになっていただく訳だ。

この動画の場合、お金を払うのは母親だが、
もしそれが欲しいと言っているのが孫だったら?
そりゃ可愛い孫のためならジジ・ババはなんぼでも
お金出すわな。(笑)

この心理を突いたのが「オレオレ詐欺」と言う訳である。

それにしても表情一つ変えずに「案外高いわね。」
そう言いながらもキャッシュを出して払うセレブ風ママも
お金と言うものに対して無知である。

セレブであろうがなかろうが、商品売買と言うのは、
価値と価値の等価交換が当然であり、
お金持っているから、払えるから払うと言うものでもない。

つまり物の相場と言うものが全く理解できてない。
つまり、つまり、商売する人はこのセレブママのような人、
子供のバックグランドを推測して商いを展開するべし。

まるで商売のバイブルのような動画であるな。

でもね、意外にこう言うセレブママみたいな人いるんだよ。
高いなと言いながらいくらでもお金払ってくれる人って。

私こと、ゆきみ企画でも名刺50枚で15,000円(税込)、
年賀状制作・印刷300枚で25,000円(税込)で発注して来るお客さん。
私が言うのもなんだけど、高くねぇ? (笑)
でもセンスがいいとか、あなたにやってもらいたいからと、
すごい喜んでくれてる。

と言う事は・・・ そっか、私に価値があるって事ね。

いつも気分上々、Are You HAPPY?
So I’m HAPPY with You.

ゆきみ企画トレードマーク

2019-02-05 | Posted in BlogComments Closed 

 

立春大吉日で今日から新しい一年が始まる

表向き、元旦が一年の初めと言う事になっているが、
ダマされてはいけない! (^O^)

実は、本日2月4日が2019年の始まりの日、
つまり立春の今日から本当の2019年が始まるのである。

中国も今日から「春節」でお正月でしょ?
占いの世界でも立春の日をもって今年の運勢に切り替わるのである。
西洋の占星術でも今日から運勢が切り替わるんだぜ。

私は「易占初級」のお墨付きを「明治書院」から頂いている。
ちゃんと試験を受けて、見事に合格して証書を頂いている。
知らなかったろ? マジだぜ!

まぁ、それはともかく。

先日購入した開運財布。

財布の初期設定期間も終わり、本日より使用開始する事にした。
立春大吉日だもんな、幸運を招く♪

まぁな、何はともあれ今年はいつでも気分上々、
Are you HAPPY?
I’m HAPPY with you. (^^♪
良い言霊飛ばしてあなたも私もみんなで幸せを引き寄せよう!

ではまたね (^_-)-☆
 

2019-02-04 | Posted in BlogComments Closed 

 

天の声を聞く

親愛なるこのブログのファンのあなた、いかがお過ごしかな?
今日から2月ですな。

毎日寒いよねぇ~! (‘Д’)
先日テレビを見てて、
大ウケしたのが小学生にインタビューしてたシーン。

インタビュアー「今、学校やクラスで流行っている事とかある?」
小学生「う~ん、インフルエンザ!」

そやない、遊びとかゲームとかそう言う事をインタビュアーは聞きたかった。
まぁ、インタビュアーの聞き方も悪いんだけどさ。(笑)

 

天からの声を聞く

さて、もしも自分に守護霊と言うものがいるとして、
あぁ、信じない人は信じなくていいけどね。

自分を見守ってくれている「守護霊」が自分の日常を、
ずっと見守っていてくれるとするでしょ?

するとね、自分にメッセージをくれる事がある。
それは感覚的なモノだったり、夢だったり、
声だったり、現象だったりするんですよ。

そう言うのが、いわゆる「天の声」と呼ばれたりする。

あなたにも経験があるかもしれない。
例えば、車の運転をしている時に、
毎回赤信号に引っかかってしまって、
急いでいるのにイライラする事ってあるよね。

こういう時は声無き声、天の声、守護霊が起こしている事象だったりする。
「あわてるな」とか、「落ち着いて」とか、「いそぐな」とか。
物事って、ほんのちょっとタイミングをずらす事によって、
命拾いしたり、危うい所で・・・ 
間一髪! みたいな感じで救われたりするもの。

でね、「天の声」と言うものは、よく「他人の口を借りる」と言われてて、
自分が何かですごい悩んでいたり、迷っていたりしてる時に、
その解決のヒントになる言葉を、意外なシチュエーションで、
他人がポロリと言う事がある。

そう言う時の言葉は、単刀直入に言う事もあるし、
キーワード的な時もあるのよ。
ただ、なんでこんな時に? なんでこの人が?
みたいな感じで、何の脈略もなく突然ポロリと言うんだよね。

それは自分に向かって言う時もあるし、
他人同士の会話の中で聞く事もある。

その他にも、仲間とワイワイ楽しく話している時に、
自分以外の人たちが、あいつが事故った、こいつも事故ったなどと、
ずっとその話を不自然なくらい繰り返したりして、
「自分的には何でみんなそんな話ばかりしてるんだろ?」
そんな風にあまりにも違和感のある会話にうんざりする訳だが、
帰り道で自分だけ危ない目にあったり、事故ったりする。

事が起きて、あとから思い返せばあれが「天の声」だったのかな?
なんて思う事があるのですよ。

このパターンで特徴的なのは、
雰囲気にそぐわない不自然な会話を何人もの人が繰り返し言う。
もしくは、一人の人が何の脈略もなく唐突に繰り返し言う。
またはポロリと言う。と言うのが特徴。

もしそう言う事象に気が付いたら、
どんな予定があったとしても言われたようにする事。
すべてをキャンセルしてそれに従う事で危険を回避できる。
でもね、だいたいできないんだよね。(笑)

 

天の声は繰り返しメッセージを送って来る

「天の声」がイメージや色々な媒体を介して、
自分にメッセージを送って来る事がある。

イメージで何かを伝えて来る時は、夢だったり、
視界の隅に人影や光や影のようなものが映りこむ? ような事が多い。
どう言う感じで見えるかと言うと、チラリ!って感じ。
ん? 何か今視界のはじっこに何か見えたような気がするな?とか、
何かが横切ったような気がする。そんな感じ。

それが何を意味するのか分からないんだけれども、
なぜかずっと気になるみたいな。
ただ何かを伝えたがっているような気持になるのだ。

また、テレビとか本とかネットとかで、
繰り返し同じキーワードとか、
同じ文章が目に飛び込んで来ると言う事象も起こる。

実例を書こう。

私自身に今現在起きていることだが、
お正月に今年の運勢を知りたくて、暦(こよみ)を買ってきた。
神宮館運勢暦と言うやつ。

で、自分の年齢の所を読むと、
「体にムチを打って働くのは少し休憩して、十分な休養を取り、
 心と体を一度リセットしましょう。」
そう書いてある。

去年、私は生まれてこの方、経験した事が無いほど色々な事をした。
それは家庭的な事もそうだし、仕事的な事もそうだし、
とにかく時間が無い、人に気を遣う、自分自身の事なんて、
何もできる状態ではなかった。

でも自分が頑張らないと何事も先へ進めない、
まわりに迷惑がかかる、まるで追い詰められた状態だった。

そんな事をやってるとね、そう言う癖が身について、
常にアドレナリンが噴出してる状態になる。
夜は眠れない、動機がする、目がぼやける、血圧が高くなる。
いっぱいいっぱいな感じ。

で、たまたま見た暦に今年は休めとか、
まるで自分の状況を見ていたかのように書いてある。
それを読んで何かスッポ抜けたと言うのかな。
身体の力が抜けたと言うのかな、すごく楽になったような気がした。

そして今日、朝メールをチェックした時に差出人がWINDOWS、
メールのタイトルが「今年のあなたは体をいたわりましょう」
と言うのが来た。

何で私の状況を知っている? みたいな。(笑)
その他にもYoutubeでのタロットリーディング動画でも、
複数の別々の先生方が去年あなたはものすごく頑張ったので、
相当のストレスや疲れがたまっているはずです。
今年はあなたにとって大きな運命の輪が回り始め、
人生の転換期を迎える事になるので、
それまでは意識して休息やリラックスをするようにして下さい。

ありゃりゃ、色々なところからとにかく休めと言われている。(笑)
つまり、これが「天の声」と言うものです。

特徴はとにかく同じことを複数の媒体を通じて繰り返し言われる。
たまたまと言ってしまえばそれまでの事かも知れないけれど、
その人にとっては、妙に引っかかる、気になると言う事が、
まさに「天の声」、守護霊からのメッセージと言うものなのです。

他人からは分からないけど、当人にとってはナイフで腹を刺されたくらい、
グサッ!と心に刺さるものなのです。

「天の声」と言うのはそう言う事象です。
 

2019-02-01 | Posted in BlogComments Closed 

 

開運財布を買いまして、初期設定中よ

今日はお財布の話。しかも「開運財布」(笑)
お財布と言うのはとてっも大切なアイティムでございます。
今あなたはどんなお財布を使っていますか?

擦り傷、手垢、ファスナーの不具合など、
だいぶ長い間使い込んでヨレヨレになってたりしませんか?

そんな財布を使っているとどうなるか。

「災いを招く!」

かも知れません・・・ 諸説あり。

それと、いわゆる「ブタ財布」と呼ばれる、買い物後のレシートや、
ろくに使いもしないショップのポイントカードで、
子豚のようにパンパンになっている下品なお財布の事ですが、
そんな財布を使っていると言うのは論外です。

お財布と言うのは幸運の窓口ですので基本的には、
毎年新品に買い替えるのが開運への第一歩でございます。

新しい品物にはフレッシュなパワーがあり、
自分の気分を高揚させてくれるものでございます。

・・・と、言う事が言われていますが、
まぁ、私が思うに、毎年買い替えると言うのもどうなのかと。
2~3年に一度でも問題はないんじゃないかと。

今現在私が使っているコーチのアウトレットの財布が、
ちょうど3年目に当たるので、1月だし、買い替えようかと。
別にブランドの高価な物で無くてもいい。
「新しい」、「フレッシュ」な物ならいいんです。
そこで今回購入したのがこの財布。

黄色の開運財布(笑)

楽天で注文したらすぐ来たよ (^O^)

黒い袋に財布が入っていて、ゴールドの開運カード付♪

インスピレーションとして、なんかお金溜まりそうだなって感じた。
この「感じた」と言うインスピレーションがとても大切です。
「考える」のではなく、「感じる」ってのが大事。
 

開運財布の初期設定をしよう!

新しいお財布が手元に来たら、お財布の初期設定をする。
それはどうやるかと言うと次のような事。

1.まず、ピン札で50万~100万円を財布に入れる。
2.そしてその財布を幸せの黄色いハンカチで包む。
3.そしたら風通しの良い直射日光が当たらない薄暗い所に寝かせる。
4.そのまま21日間の間寝かせてから、お金を必要な分だけ入れる。
5.これで初期設定は完了である。

では順番に解説するね。(^_-)-☆

1のピン札で50万~100万円と言うのは、
金額は別にいくらでもいいんだが、ピン札と言うのがミソ。
極力他人の手垢が付いていないフレッシュな新しいお札を、
新しいお財布に入れる事が重要。

2の財布を「幸せの黄色いハンカチ」に包むと言うのは、
お金は黄色とか金色とかの色を好むらしい。
無ければ紫色のフクサでも良い。
私はどちらも手元に無かったので、財布が入っていた黒い袋を、
そのまま流用した。ついでにオマケで付いてきた開運カードも。

上の写真で見えているお金は、私が去年一年間投資して得た利益。
あと30万ほど運用益はあったけど、それも入れるとファスナーが
閉まらなくなるので、今回は100万円だけにしておいた。

んで、3の風通しの良い薄暗いところに寝かせると言うのは、
お財布って、お金のお家なのでゆっくりくつろいでもらうため。

4の21日間寝かせると言うのは、
お金にここがアンタのお家だよと、
しっかりと覚えてもらうための記憶期間。
何でも、記憶が定着するまでに21日間と言う日数が必要らしい。
で、21日間たったら、自分が必要な金額だけを財布に残し、
あとは貯金するなり、運用のためのタネ銭にするなりご自由に。

5の初期設定完了と言うことで、通常の自分の持ち物として、
使用を開始する。
 

諸説あれども信じる者は救われる

色々となんじゃそりゃ~? みたいな事を書いてみたけど、
ゲン担ぎとも言えるし、都市伝説とも言える。
正直言うとね、私もどこかの誰かが書いたブログの記事を読んで、
そんなんでお金たまらねぇ~だろ? と半信半疑だったが、
私は何でも「良い」と言われることは一応試してみる性癖?(笑)
なので、実験的、盲目的にやってみた結果、
実際にお金が増えたので、今回も「お財布の初期設定」を
やったまでの事です。

だから「アンタもやりなさい!」などと言うつもりもないし、
やった方がいいとも言いません。(笑)

真似してみたい方は、まずは開運財布を手に入れるところから
始めてみてはいかがでしょう。

私が購入した開運財布

 

2019-01-18 | Posted in BlogComments Closed 

 

飯干未奈とゆきみ企画の交遊録

正月も中日の二日目となりました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。(^^♪

さて、昨日は「七福神」を私のまわりに並べて、
私を含めて「八福神」となり、
色々な人たちに福を分けてあげる。
そして、ゆきみ企画と縁のある人はみんな幸せになると言う・・・
これが私の今年の「初夢」でしょうかね。

と言う話をしました。

で、その記事と感応したのかは知りませんが、
私の友人との間で面白い事が起きました。

そのキャプチャー画像を貼ってみます。

ツイッターでの飯干未奈さんとの新年の挨拶のやり取りです。
昨日元旦に書いた私の記事については、飯干未奈さんは知らないはず。
なのにですよ? 私が「七福神」と振ったらば、すぐにリプ返って来て、
「弁財天」と切り返して来た。

ホントに新年早々、見事な切り返しではないですか。(笑)
鮮やかですねー! 感服つかまつりました。

あぁ、ちなみに「飯干未奈」さんは創作舞踊家として活躍している人です。

飯干未奈HP「舞道」https://ensemblerose.amebaownd.com/

舞う道と書いて「ぶどう」。格闘技ではありません。
踊る事を終生の天職として極める! それが飯干未奈さんの本懐でございます。

そうねぇ、もう付き合い長いな。
何しろ前世からの「縁(えにし)」ですからね。(笑)

いや、私にはそうとしか思えないくらい波動の周波数が合っている人。
飯干未奈さんの前世は、神代の昔までさかのぼるんですよ。
そう、神の時代です。

神の国である天界、高天ヶ原にいたスサノウのミコトが暴れ者で、
あまりにも乱暴狼藉をいたすものですから、姉の天照大御神が悲しんで、
天の岩屋(洞窟)へ引きこもってしまった。
しかもその天岩屋(洞窟)の入り口には、とてつもなくでっかい岩で、
フタをして誰も中に入れないようにしてしまいました。

すると、太陽神である天照大御神、あまねくすべての世界を照らす神であるから、
高天ヶ原はもとより、地上の世界も真っ暗になってしまったのです。

他の神たちも暗黒の世界のままでは困ったなぁと、
各界の神が集まり首脳会議を開き、何とか天照大御神を天の岩屋から、
お出ましになる方法を協議する。

そして雨の岩屋の前で、みんなで盛大に宴会を開き、
天照大御神が何事かとフタをしている大岩の扉をずらしたら、
間髪を入れずにマッチョなタジカラオのミコトがその天岩戸を、
おりゃぁぁ~! と力ずくで押し開き、天照大御神を引きずり出す。
と言う作戦に打って出たのです。

ところが、ただ大騒ぎして大宴会をしているだけでは、
天照大御神は反応しませんでした。
そこでもっと楽しく盛り上がらないとダメねと、
アメのウズメのミコトが立ち上がり、着物を脱ぎながら踊りを踊ると、
神様たちが大いに興奮して、手拍子を打ちながらそりゃぁもう大騒ぎとなる。
これがのちの「ストリップ」の起源と言われ、この時のアメノウズメのミコト
と言うのが、のちの「飯干未奈」である。

さすがの天照大御神も、ただならぬチャンチキ騒ぎに「何事か?」と、
ほんの少しだけ岩戸をずらして外の様子を見ようとしたその瞬間!
今だ!とばかりに岩戸のすき間をこじ開けたのがタジカラオのミコト。

すかさず天の岩屋の中へ飛び込んで、天照大御神を引っ張り出した。
この時の様子をレポートしていたのが、アメのモズのミコト。
のちの「ゆきみ企画」であった。

これが私と飯干未奈さんとの前世の物語。なんて長ったらしい・・・(;^_^A

そして今世で再び出会ったと言うのが、私と飯干未奈さんとの「えにし」の
深いところでございます。

だから舞踊家「飯干未奈」さんの創作ステージ作品には、神物語が多い。
飯干未奈さんの前世が「アメノウズメノミコト」だった事を、
信じるか信じないかは、あなた次第だけど、私はあの時のレポートを書いた。
それがのちに「大祓いの祝詞」として今も伝わっている。

 

2019-01-03 | Posted in BlogComments Closed 

 

今年は? 今年こそ? 自由人でありたい

新年あけましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いします

さて、軽やかな口調で始まった「ゆきみ企画」のブログです。
ちょっと酒を飲み過ぎて頭が痛いですが・・・(笑)

もうね、酒さえあればこの世はパラダイス~♪
そうね、無人島に島流しにされたジャックスパロウのようです。

ところで、一年の計は元旦にアリ!と申します。
そこで、ゆきみ企画の今年について思うところを書いておきたい。
うん、来年の今頃読み返すための画策 (笑)

 

1.何もしない人になる

何もしない人になる。
そうです、ひたすら「今を見つめて楽しく生きる」そう言う事。

去年2018年はね、10年先を先読みして生きていた。
読み過ぎていたので、あっちこっちでつまづいて痛い目にあっていた。
何事も思うように行かなくてストレスが体に出た。
ものすごい血圧が上昇して、
あ、このブログは他人には役に立たないです。(笑)

そう、血圧が常に165/90と言う・・・
健康診断の時も「あれ?血圧計がおかしいのかな?」
とか言われて2回も計り直されると言った事態に。

これはどげんかせにゃあかんぜよ!
と、YouTube で話題の「にんにく蜂蜜」作ってみたりと・・・
試行錯誤して何とか血圧を下げようとしたりして、
またその事がストレスを助長する。

また、去年は他人から振り回されて、自分の時間を持てず、
ストレスがたまりまくった一年でありました。

なので今年は何もしない人になります。
何もしないと言うのは、どういう事か。

 

2.何かしなくてはならないと言う事はない

血液型A型の私は、几帳面で繊細で義理人情に厚く、優しくてイケメン、
何事も自分一人で背負いこんで、最終的にぶっ壊れてしまう人。

これじゃぁうつ病まっしぐら! ではないですか!
大体ね、他人から振られて来る依頼事ってのは、
自分にとってやりたくない事な訳ですよ。

しょ~がないからやる。
やってはいるけどモチベーション上がらない。
でもドツボにハマると生来のさそり座性格の影響で完璧を求めてしまう。

これ悪循環ですわね。

そもそも人には「やらなければならない事」なんて無いんですよ。
気の向くまま、足の向くまま、ごはんを食べたら遊んでいればいい。

よく「~何々しなければならない」とか、
「何々するべきだ」とか考えるのは、大体他人からの押し着せ、
他人が都合よく自分のために、人を動かそうとする手法である。

なんで自分が他人の都合で苦しまなくてはいけないのでしょうか?
自分がやりたくない事はやらないで良いのです。

自分に自信を持てば、他人から何と言われようとどうって事はない。
人はもっと自分の内なる声に耳を澄ませる事で、
人生はもっと楽しくワクワクするものに変わります。

 

3.人間関係の取捨選択

まず、自分が自由でいるためには「人間関係の取捨選択」が必要です。
とにかく「義理人情」なんてものは考えない事。
別に極悪非道な人になれと言っているわけではないですよ。(笑)

人間を変えようとする場合には、まず環境を変えるのが手っ取り早い。
自分の周りにどう言う人を並べたら、何事も楽しくなるか。
これは重要です。

仕事関係で言うと、たいていの場合、金に目がくらんで(笑)
嫌な奴だけど仕事をいっぱい発注してくれるし、
少々の事には目をつむるかなどと、オールOK!で受注しちゃいます。
しかし、結果的にこれが自分自身の首を絞める事になるんです。

自分の好きに使えるはずの時間が、どんどん無くなって行く。
仕事をすれば、お金にはなるんだけど全然嬉しくないし、
楽しくない。だからもっと金をくれ!となって行く。
若いうちは金に目がくらんでいても全然かまわないと思います。

だがしかし、50過ぎてくると確かにお金は大事だけど、
報酬よりも誰とそれをやるかとか、いかに気持ち良くそれがやれるか。
そう言う事が大切になって来るんですよ。

そう、お金よりも時間が大切だと気付く。
お金の問題だけならどうにでもなるけど、時間だけは取り戻せない。
だから自分の持っている時間をどう使っていくかや、
何に集中していくかと言うところにフォーカスする必要がある。

自分を楽しくさせてくれる人や、わくわくドキドキさせてくれる人と
何かやる方が人生はより楽しくなるでしょ?

 

4.七福神は幸せの魔法陣

七福神のような人たちに囲まれていたら、
そりゃ人生楽しくてしょうがないですね。

自分を中心として周りをこんな七福神のような人たちを配置したら、
完璧な魔法陣が出来上がる。

今年はこれを目指して行こうと思っています。
そう、私もこの中に入って八福神となり、
色々な人たちに福を分けてあげる。
そして、ゆきみ企画と縁のある人はみんな幸せになると言う・・・

これが私の今年の「初夢」でしょうかね。
石油ファンヒーターの石油が切れたので入れて来ます。(笑)

2019-01-01 | Posted in BlogComments Closed 

 

一杯のコーヒーを楽しむような香り高き人生を

ども、ゆきみ企画です。(^_-)-☆

最近、ファンデーションの乗りが良くないんだよねぇ~ (^O^)
いや、ゆきみ企画はビジュアル系じゃない(笑)

何て言うか、ファンデーションの乗りが悪いってのは、
あくまでも『比喩的表現』であり、別に化粧してる訳ではない。

心のありようと言うのか、いつもどこかモヤモヤしてる感じ。
なので「最近ファンデーションの乗りが悪い」と言う言葉で、
表現してみた。女の人ならそう言う気持ちのニュアンスが、
分かるかなぁと。

 

いい人と言うのは便利な人とも言える

ふと気が付けば今年もあさってで仕事納めになると気が付いた。
そうね、クリスマスが終わった瞬間から、一気に世の中は年越し、お正月へと
なだれ込んで行く訳だ。

そこでだ、非常に月並みな話ではあるけれど、今年の一人反省会と言うか、
今年を振り返って感じた事、思った事など書いておこうかと。
別に誰の役に立つってな話ではないんだけれどな。

今、一番強く感じる事? 思う事は、「オレって、いい人過ぎるな。」と。
まぁ、仕事を通じての事なんだけれども、私の最大の弱点と言えば、
他人から頼まれると「否」と言えない事。
つまり頼まれ事を断れないんだよ。

これ何でなんだか分からないんだけど、性格なのか性分なのか「NO!」と
言えずにどんな事でも引き受けちゃう。

自分のスケジュールとか、都合とかさ、自分にも色々あったりする訳じゃん?
したい事ややりたい事とか。スケジュール的にもう目一杯なのに、
あ、いいですよ~。大丈夫です♪ みたいな感じ。

そんで後からにっちもさっちも行かなくなって、自分の首を絞めると言う。
自分、自営業ですから頼まれ事を断ると、次から仕事が来なくなるって言う
潜在的な恐怖感ってのがいつもどこかにある訳さ。

若い頃はね、頼まれ事ってほぼ仕事の件だったので、
無理しても金銭的リターンがあるからそれはそれで結果オーライだった。
でも年かさになってくると仕事の話よりも、町内会だとかさ、
〇×会の役員だとかさ、その手の話が多くなって来るのよ。

まぁ年齢的にそう言う世代になって来てるから
当たり前っちゃぁ~当たり前なんだけどね。
もちろんそれもまたそれなりにメリットはある。

付き合う人も社会的に立場のある人々になって来るから、自然と顔が広くなり、
思わぬ仕事の受注に結びついたり、援助を受けられたりする事もある。
とにかく平社員と言う立場の人々との付き合いは無くなり、
付き合う人のすべてが何らかの業種の社長、会長と言う人ばかりになる。

だから余計に頼まれ事をされると、仕事であれ、雑務であれ、
「それはやりたくないなぁ~」と断ることが出来ない。

良く言えば自分がいるステージが一段高くなったとも言えるんだけれど、
他人のために自分の自由な時間がどんどん無くなっていくんだよね。

日本の総労働人口のうち、給料をもらうのではなく、
他人に給料を払う立場の人って、たった4%しかいないらしい。
だから、このステージに乗っかっている人にしか分からない視点とか視線?
見えない世界があって、そう言う人たちがどのように真理を説いても、
世の中の一般ピーポーには理解されないものだそうな。
世はサラリーマンの時代だからな。

 

ゆきみ企画は器用貧乏?

私は12月は仕事をするつもりは無かった。
お金は天から降って来るし、
12月はのんびりとマイペースで過ごすつもりだったんだけど、
不意に携帯電話が鳴り、仕事のオファーが来た。

いや、仕事をする気が鼻から無かったので、
電話に出ずにスルーしようと思っていたんだけど、
何回電話してもつながらないからと、直接来やがった。

そんで結局「頼むよぉ~♪」と言われ、
「じゃぁ何とかします。」と言う運びに・・・ 
おまけに

「あのさ、お客さんに出す見積書に5万円乗っけといてね。
 ウチもマージン必要だからさ。」などと言う話に。

こういう風に言われちゃうとさ、
オレってこの人が儲けるためのお手伝いをするって事ね?
そりゃマージン乗っけるのは当たり前だし、分かるんだけどさ、
何か面白くねぇなと思っちゃったのね。

もちろんその仕事をすることで自分にも利益出るし、
普通なら何の問題もない。

発注元のお客さんが高額な支払いをするだけで、
私には何の問題も無いはずなんだけど「なんか面白くねぇなぁ」
と思っちゃったんだよ。

そもそも私は銭金ではなく、12月は一切仕事やらずに、
ゆっくりとのんびりと過ごそうと思っていた。

なら仕事が来ても断ればいいだけなのに断れなかった。
別に私はその会社の社員でも何でもないので、引き受ける必要もないのに
「この仕事はキミにしかできない仕事だから頼むよ。」と言われ・・・
つまり他にやってくれる人がいないからウチに来たと。

いやね、その仕事を受けられる業者がガンガン廃業していなくなっちゃって、
ホントにその仕事をできる業者がいないんだよね。

自分の意志や都合を曲げて、相手に拝み倒されて、
相手が儲けるためのお手伝いみたいな仕事を受けて、
ど~するって思うんだけど、どうしてこうも自分はお人好しなのかと
自己嫌悪に陥っていたという話でした。

自分はもっと自由で良い、いい人になる必要はどこにもない。
一杯のコーヒーを楽しむような香り高き人生をと思っている次第である。

 

 

2018-12-27 | Posted in BlogComments Closed 

 

あ! と言う間に12月1日


月並みではございますが、もう十二月、早いねぇ~!
しばらくブログを書くのが面倒くさくなり、放置プレイ状態でした。

今日は12月1日と言う事で、これまで私が何をしていたのかと言う、
近況報告みたいな事を書く。

今一番ハマっているのは、YouTube で動画を見る事。
ハマってるというか、別にやることが無いと言う話(笑)

スピリチュアル系の動画とか、タロットのリーディング動画とか、
何て言うか、多分、人生の岐路に立っていて、
色々迷っているのかも知れない。

人間五十年伝説はいまだに健在だと思っていて、
信長時代なら命短しで、人間五十年を一回やれば良かったんだけど、
今は人間百年時代と言われる。

一人の人生で人間五十年を2回やらなくちゃならない訳なんだな。
だから、生まれた日から50歳までが前期、
51歳から100歳までが後期と言う事になる。

安倍首相は70歳までは働け! と言うが、
働きアリじゃあるまいし、そんなに働きたくはない。

良く「第二の人生」とか言うけど、定年まで勤めてから、
さて第二の人生、何をやるかなぁ? と考え始めたのでは遅い。
何かやるなら50歳になる前に初めて置かないと。

物事は小さく始めて、大きく育てるもの

私は昔から「仙人のように暮らしたい」と思っていた。(笑)

高い山の上から下界を見下ろして、みんな頑張っておるのぅ。みたいな。
生活のためにあくせく働いて一生を終えるのではなく、
気ままな暮らしを楽しみたいと。

そう言う風に生きて行くにはど~すれば良いか。
ずっと考えていたのだった。

でだ、Youtube のヒーリングじゃねぇわ、スピリチュアル系の動画を、
毎日あれこれと見ていて気が付いたんだな。

自分はもっと自由に生きていい。
良い人間になる必要はない、自分は自分で良いと。

しかし自分でそう思っても、その前に立ちはだかるのが経済的な事。
そこで引っかかって、みな前に進めなくなる訳だ。

学校出てから働き始めて前半期の人生が終わりに近づいてくると、
それなりに蓄えもあるはずだ。

それはつまり「働く」って事は、働いて行くうちにお金もたまり、
どんどん楽になって行く訳で、そうなって来ると、
なにも自分が働かなくても、自分の代わりにお金が働いてくれるようになる。

するとさっき言ったように「仙人のような暮らし」が現実化してくる。
引き寄せの法則と言うやつだね。

この事に私は去年気が付いた。(笑)
そして「小さく始めて大きく育てる」の実践を開始した訳だ。

よくネットの世界では、副業、アフィリエイト、ブログを書いて、
お金を稼ごうとか言うけれども、一般ピーポーには難しいぞ?
そんな事でお金を稼げるのは、ほんのわずかな人達の話。

すぐに始めて、すぐに収益が入って来て、
誰がやっても同じ結果が出るのは「投資」だけだ。

私もこれまで色々なアフィリエイトなどやって来たが、
中々お金にはならなかったな。

ブログ書いてアフィリエイトやるのは時間の無駄だと今は思っている。
最初は25万円ほど元金ためるか、貯金おろしてそこから始めるといいよ。
「投資」なら一回元金ぶち込んで、あとは何もしなくていい。
大きく儲けようとせず、アベレージを上げて行くことを考えて行けば、
やがて「仙人のような暮らし」が現実化してくる。

まぁ、人の考えは、人それぞれなので好きなことをやればいい。
でも、何もやらなければ、何も生まれない事は間違いない。
では本日はこれまででござる。

2018-12-01 | Posted in BlogComments Closed 

 

金儲けを考える前にどこでもいいから、楽しい所へ遊びに行け!

本日は「遊び心が良いひらめきとアイディアを産む」と言うテーマのお話。

あなたはふと何かのキッカケで、「金儲け」をしようと思い立ったとします。
その時あなたは何をして「金儲け」をやろうとかと、ウンウンとうなりながら、あれでもない、これでもない・・・ と、脳みそをフル回転させて必死に考えます。

で、挙句の果てに、まだ何も良いアイディアが思い付かないと言うのに、月に10万円儲かったら自分へのご褒美として、あれを買って、これを買って、美味いモン食って、旅行なんかも行きたいよな♪ などと夢はふくらんで行く。(笑)

まぁ、商売をやった事が無い人って、限りなくそう言う妄想をいだくものです。
こう言う考えでいると何をやっても、とどのつまり上手くいきません。
そしてあなたが思い描いた「夢の果てしなさ」を思い知る事になるのでございます。

ゆきみ企画からそんなあなたにアドバイスをするとしたら? これ。

「金儲けを考える前にどこでもいいから、楽しい所へ遊びに行け!」

 

金儲けを考える前にどこでもいいから、楽しい所へ遊びに行け!

ゆきみ企画の手掛ける商品やコンテンツは「ストリップ」に関するものが多いと、薄々感じている人も多いのではないでしょうか?

これはどう言う事か?

私は1997年頃からずっとストリップ劇場へ毎週末通っておりました。
なぜならば、ストリップ劇場と言う所は私にとって「理屈抜きで楽しい所」だから。

私がストリップ劇場へ初めて足を踏み入れた時、実に不思議な世界だと思いました。
そもそも女の人の裸を生で見たいと言う、本能の赴くままストリップ劇場へ入場したのですが、実際にストリップ劇場のステージで踊る踊り子さんたちのショーは、私の想像を見事に良い意味で裏切り、上品で優雅で照明なども、とても美しいものでした。

そして思ったのです「演出された女性の裸と言うのは、こんなにも美しいものか!」
特に自分の意思で訪れた初めての劇場が浅草ロック座だったので、なおさらそう感じたのかもしれません。

ストリップ劇場と言う所は、性別、職業、身分の貴賎無く、誰もが平等に裸のショーを楽しめる場所です。そして踊り子さんたちとのコミニュケーションを楽しめる場所でもあります。そしてさらに私が思ってる事は、様々な人々の人生の縮図、人間観察をしていると色々な気付きを得られます。もうね、ネタの宝庫と言うか笑いあり、涙あり、いがみあいあり、人情あり・・・

あぁ、ストリップの話を書いていると長くなるのでこれくらいに。(^^ゞ
とにかく私にとってストリップ劇場は楽しくてどうしょうもない所だったのです。

またそれと同時にその頃、Amazonマーケットプレイスで大口マーチャントとして古本売ったり、中古CDを売っていました。いわゆる「せどり」と言うヤツです。それなりに稼いでいました。

ストリップ劇場とAmazonマーケットプレイス。
この二つの活動は、実は密接な関係があるのです。

Amazonでの中古品販売では、当初コンピュータの技術書や小説などをメインに商品を販売しておりました。利益ベースで月に3~4万円ほどありました。しかしその手の商品はライバルも多く、だんだん販売数も売り上げも頭打ちとなってしまいました。

そこで取り扱う商品を変更して、ストリップ関連の書籍や写真集にしました。すると見事に売上は復活。このジャンルはライバルも少なく、しかも仕入値の何倍もの値段をつけてもすぐに売れてしまうのでした。入れ食いってヤツですね(笑)

ストリップに関する書籍や写真集なんて、一般的にはニッチでフェチな商品なのです。大衆向けの商品では無いので、金儲けに主眼を置いているセドラーの人達は商品知識が無いのでブックオフに仕入に行っても誰も手をつけなかったのです。

え? ゆきみ企画はどうなのか?

私はAmazonマーケットプレイスでの売上金は、ストリップ劇場の入場料に充填してました。ストリップ劇場の入場料、浅草ロック座だとその当時5000円でしたから、毎週末行くとなると、入場料だけで2万円かかりますよね。それに道中の交通費や食事代を乗っけると、それなりの軍資金がかかります。

Amazonでの中古品販売は私にとって、本業では無いので楽しみながらやっておりました。仕入れた書籍の中身も読めるし、読んだあとは売っちゃうので遊びみたいなモンです。大体ね、別にこの商品には何の興味も無いけれど、お金欲しさに「これは売れる!」と言われているような商品を仕入れると、ほぼ不良在庫となって負債を抱え込む事になります。でもね、「これ欲しいな♪」と自分が欲しいと思う商品を仕入れて来て、出品だけしておいて売れるまでに読んでおこうなんて言う商品は、なぜか読む前に売れてしまうものなのです。

【ポイント1】自分が欲しいと思わない物は他人も欲しくない!

楽しい遊び場であるストリップの観劇にかかる資金は、ちょうどAmazonでの売上金でまかなえた訳です。

つまり私は本業で得た給料を一切使わず、遊びに使うお金は遊びから得たお金で楽しんでいたのでございます。自分のお金は使わずに遊ぶと言う事。言っている意味分かります? この戦略は非常に重要です。これ良く覚えておいて下さい。

【ポイント2】自分のお金は使わずに遊ぶ!

本業の仕事で、汗水たらして稼いだお金ってとても貴重な大切なお金です。
遊興費に支出するなんて愚かな事だと思いませんか?

ストリップ劇場で遊んでいると、ストリップに関する情報や知識が身について来ます。ストリップを見に来ている人達の気持ちが良く分かります。彼らが欲しがる商品やサービスなど、そう言うストリップ劇場で得た知識をAmazonのマーケットプレイスへ投入して売上を伸ばし、その売上金を持ってまたストリップ劇場へ遊びに行く。

良いループが構築されると言う訳です。

 

他人から儲け話として聞いた情報「出会い系サイトはメチャクチャ儲かるで♪」

しかし、その逆も私は経験しました。
それは金儲け目当てで参入した「出会い系サイト」のオーナー事業です。
他人から儲け話として聞いた「出会い系サイトはメチャクチャ儲かるで♪」の情報を元にして、マジっすか!! とすぐに月額2万円でシステムをレンタルしての出会い系サイトのオーナーをやりましたが、3ヶ月やって、6万円の累積赤字を作ってあえなく撤退しました。

これは何ゆえ失敗したのかと言うと、自分の感性の中から生まれたものではなく、他人から得た情報を鵜呑みにした事が原因でした。月額2万円の出会い系システムをレンタルして、ガラ携メインのサイトを量産する。運営方法やサポートはシステムを貸し出している本部が、専用のオーナーズチャットでいつでもサポートしてくれるので安心。オーナーさんはとにかく自分の客寄せサイト(扉サイト)から本部の掲示板へお客を連れて行けば、月額2万円のシステムレンタル料が本部の収益、連れて行ったお客が使ったお金がオーナーさんの収益になるので、初心者のオーナーさんでも少なくとも50万以上は稼げると言う。

私は金儲けありきで鼻息を荒くして参入。
自分のサイトから登録して来たお客を本部の掲示板へ送り込むまでは、自分がサクラ(女の子のフリ)をして、お客さんのお相手しながら何とか有料掲示板か有料のメールでの交際へ持ち込もうとするんだけど、自分自身は出会い系サイトなんかで遊んでいる人の気持ちがまったく分からなかったんです。(笑)

私はその頃、女の子にまったく不自由してなくて、彼女も何人もいたし、女の子と仲良くなってお付き合いするのなんて簡単な事だったんです。だから何でこんな出会い系サイトなんかで女の子を探してるんだろ?って思っていたのね。サクラばっかりの出会い系サイトで女の子になんか出会える訳ないじゃんって。

でね、この「サクラ(偽物の女形)」をこの時生まれて初めて経験した訳だけど、上手い事女の子に化けるのがかなり大変だった。少なくとも10人分くらいの仮想キャラクターを設定して、お客さんによって上手に使い分けるのが仕事なのね。年齢、居住地、職業、家庭環境、言葉遣いなど、自分で考えて仮想キャラを作るんだけど、お客の方もそう言う所で遊びなれてるベテラン客、ひたすら身元を探って来る疑り深い客、変態趣味の客など色々いてね、それらの客に話を合わせつつ、できるだけ早く入会時に与えられる無料ポイントを消費させ、本部掲示板か有料メールの課金ポイントを購入するように仕向けるわけ。

サクラやってて何が大変かと言うと、ご当地情報を求めて来る奴がいるのね。出身地の地元にいる人しか知らない話を振って来る。たとへば・・・

「埼玉在住なの? そろそろお祭りの時期だけど、あの神社の入り口のところにある鳥居、去年工事してたけどもう終わった?」

「う~ん、あたしはお祭りにはあんまし興味ないから。」

「へぇ~、駅へ行くのに嫌でも神社の前を通るでしょ? 一本道だから。」

「そうね、通るけど注意して見た事無いな・・・」

「ふぅ~ん、駅に行く道のところには神社なんて無いけどね。(笑)」

「・・・」

「ホントはどこにすんでるのさぁ~(笑)」

ホントこう言う奴が嫌いだった。そう言う事があってから地元情報を振って来る客にはすぐに体の悩みとかの別の話にすり替えると言うテクニックを体得した。

まぁ確かに「出会い系サイト」では失敗してしまいましたけど、得るものもありましたね。サクラの経験です。この技術はその後とても役に立つことになりますが、それはまた書く時期が来たらお話しいたします。(^^ゞ

やはりお金儲けをしたいと考える時は、自分の経験や内面の感性から生まれて来るアイディアじゃないと、ほぼ上手くいかない。少なくとも私の場合は経験上そう言う答えが確定しています。「好きこそ物の上手なり」と言う格言がありますが、これホント。

だからまずお金ありきではなく、自分が楽しいと感じるところへ出かけて、遊んでいるとお金儲けの良いアイディアやヒントが生まれて来るものなのです。遊びに行っている時の方がむしろAmazonに出品して置いた商品が売れたりする事が多い。売れないか、まだ売れないかと何度もホームページや管理画面を頻繁にチェックしていると、絶対に売れていないし、時間の無駄以外の何物でもありませんよ。

【ポイント3】他人から聞いた儲け話は自分には向いていない事が多い!

さて、今日のお話で何か「気付き」があれば幸いです。
ではまた~♪
 

2018-09-02 | Posted in BlogComments Closed 

 

転売・販売などやっている人、それでいいのか?

おはようございます (^-^)
ゆきみ企画でございます。
ふと気が付くと去年の10月3日でブログの更新が止まってた。(^^ゞ

なんつーか、ずっと受身の日々を続けてたんですよ。
SNSとか、まぁ主にツイッターなんだけどさ。
タイムラインとか見始めちゃうと、とめどもなくダラダラと時間を過ごしてしまうんですよね。なので私的にはSNSって言うのは「悪」だとも言える。そうそう、私の尊敬する音楽家「坂本龍一」さんもツイッターで同じような事をつぶやいていたね。ツイッターのタイムライン見てると作曲が進まないので見るのをやめよう。」と。

そんな訳で・・・
ずっと思っていた事があるのでやっとブログを書く気になった訳です。

では今回の本題について書く。
 

転売・販売などやっている人、それでいいのか?

 
あのね、最近ツイッターとか見ててよく思うんだけど、アフィリエイトや、タレントグッズの商品販売、物品の転売とかやっている人が多くなった気がするのね。で、そう言う事をしている人のブログとかリンクをたどって読んでみると、儲からないとか、たいして儲からないとか、嘆きのブログ(笑)を見かける事が多いんですよ。逆にすごい儲かっている人も居たりする。ふむ。

あのね、儲からないなら時間の無駄だから止めた方が良いよ?(笑)

かく言うわたくし「ゆきみ企画」もそんな人達と同様、10年以上前から試行錯誤しながらアフィリエイトや転売、物販などやっているんだけども、そう言う経験から培ったノウハウって言うのを所持しているんです。名付けて「ゆきみ企画戦略!」と自分では呼んでいるんだけど、何事をするにも「戦略」って言うのが大事で、あなたならではの「戦略」と言うものを所持していないと、何をやっても「上手くいかない」 OR 「大した事無い」で終わる事になるんですよ。

上から目線でゴメンねぇ~♪ (^^ゞ

「ゆきみ企画戦略」の中からちょっとだけ教えてあげるね。儲かる順番で言うとね、やっぱりオリジナル商品 ⇒ 転売 ⇒ アフィリエイト みたいな感じ。

このオリジナル商品ってのは、DVDなのだけれど、これは自分一人では作れないので、必ずタレントさんとコラボして作る事になる。動画コンテンツの提供をしてもらうか、自分でタレントさんにギャラを払って動画を撮影して、編集、DVDオーサリング、ジャケット等のDTP、物品としての商品制作、出来たDVD商品を販売ルートに上げる、受注、入金確認、商品梱包、発送と言う流れである。

すげぇ~大変そう! と思うかも知れないが、実はそれほど大した作業では無い。
「ゆきみ企画戦略」では、ゆきみ企画に動画コンテンツを提供してくれたり、パートナーとしてコラボしてくれたタレントさんには、先にしっかり大金を手にして頂いてます。累計100万円以上になってる人もいますね。つまり、ゆきみ企画と組めばタレントさん自身も儲かるんですよ。まぁ、私と一緒にやりたいタレントさんががいたら連絡下さい(笑)

私はあとからゆっくり稼がせてもらいますので、全然問題ないのです。

で、アフィリエイトとか転売とかでも、あとからゆっくり稼ぐので、儲かるとか儲からないとか一喜一憂する事はありません。

やばいな、自分の戦略をこんなにバラして良いものか・・・
たとえば、オリジナルDVDを販売して25万の売り上げがあったとする。
普通は、普通の人はここで完結してしまうのです。
だが、ゆきみ企画ではここから利益が、どんどんふくらんで行くのです。

わかります? これが「ゆきみ企画戦略」です。

なに! もっと具体的に知りたいですと?
まぁ、追々有料でならお話いたしますが・・・
基本的に物品販売であれ、アフィリエイトであれ、
あれこれ商売をする前にまず学んでおかなけれならない事は、「お金」と言うものについてなのです。これを知らないと話にならないんです。それについては今後このブログの中でお話しいたしますので、お楽しみに。
 

2018-03-21 | Posted in BlogComments Closed 

 

BOSSで当り! ゆきみ企画はツイてる♪

毎度の事なんだけど、駅前の自販機でBOSSの缶コーヒーを買っている。
そんで、特に意識をして買っている訳ではないのだが、
たまたま事務所でそのBOSSの缶コーヒーの空き缶を見たら、
何かシールが貼ってあるので「おや?」と思って見てみると・・・

当り

当っている! 何がじゃ? 何があたってる?

そう思ってそのシールをめくってみるとQRコードが印刷してある。
それと、URLも書いてあり、シリアルナンバーも書いてある。
つまりこのサイトにアクセスしろと言う訳だな。

どれどれと書いてあったURLをブラウザのアドレスバーに打ち込み、
サイトを開いてみた。

なるほど、シリアル番号を入力して送信すれば良い訳だ。
発送先情報を次のページで入力する。

すると「ボスタオル」が当った♪

何だ、どうせなら「ボスジャン」が欲しかったが、
まぁ、そこはそれ。
タダでいただける訳だから贅沢は言えない。(笑)

商品の発送は一カ月後くらい先になるらしい。
 

景品に当ったのは中学校の時以来

こう言ったキャンペーンの景品が当ったのは中学校の頃? に、
コカコーラのキャンペーンで、ハガキに応募シールを
何枚か貼って応募すると、お好きなLPレコード2枚プレゼント!
と言うのがやってたんで応募した事がある。

そしたらそれが見事に当ったので、カタログが送られてきた。
つまり、このカタログの中から好きなLPレコードを2枚選んで、
同封のハガキに書いて送り返して下さいみたいなのだった。

その時自分は誰のレコードが欲しかったのかと言うと、
「あのねのね」と、「ガロ」のLPレコードの2枚を書いたと思う。

だが、私が選んだ2枚のLPレコードは現在品切れとなっているので、
別なLPレコードを選び直してくれと言うハガキが来た。

なんだよぅ、品切れとかそう言うのアリ?
そう思いつつ、気を取り直してハガキに書いたのが、
「アグネス・チャン」のと、「小坂明子」のLPだった。(笑)

なんかすごくねぇ? 時代を感じる。(^◇^)

あのねのね、ガロ、アグネス・チャン、小坂明子・・・

ともかく私は、アグネス・チャンのと、小坂明子のLPレコードを
無事にもらう事ができた。

でもね、あの時代は新人だったアグネス・チャンは、
信じられないくらいブレイクしてたんだぞぉ~?

♪ おっかの上~ ひんなげし~の、はんなでぇ~

そう、日本語が変だったのに、売れっ子アイドルだった。
一方、小坂明子は太っちょアーチストで、ピアノの弾き語りで
大ブレークしてた。

♪ もしぃ~も~ わたしがぁ~ 家を建てたならぁ~

見た目は良くなかったけど、声がきれいで、
自分の将来の夢を語る歌を歌っていた。
あれだけ完璧な将来の夢を持っていると、婚期遅れると思うぞ?
ちいさな家を建てる、部屋には古い暖炉がある。
大きな窓と、小さなドア。
出入りしずらいんじゃねぇ?

庭には緑の芝生、子犬と坊やがそこで遊び、
私の横にはダンナさまが常にいる。

まぁ、あの時代の少女の夢ってそう言うものだった訳だな。
でもその夢をかなえるのは、年収1000万円の彼氏を望むより、
困難な事かも知れない平成29年。(爆♪)

何の話だっけ? そう、景品の話だった。

一応今の話のLPレコードは、今現在でも持っている。(笑)
で、ツイテいるゆきみ企画が今日当った「ボスタオル」は、
一カ月後くらいに届く手はずになっている。
楽しみだ♪
 

2017-10-03 | Posted in BlogComments Closed 

 

健康診断に行って来たの巻ぃ~♪

毎年恒例の健康診断に言って来たのだ。
「健康診断」とは何か! 健康であるかどうかを調べるのである。
言うまでもない(笑)

で、この健康診断と言うのは事業所に対して年一回、従業員をはじめ、
社長に至るまで労働基準法だか、安全衛生法だか知らんが、
法律で義務付けられているのである。

義務だよ? 義務。

まぁ、ゆきみ企画では法律により義務化される前から、
健康診断には毎年9月か10月頃に受けているので、
毎年恒例の・・・ って事になる。

2~3か月前になると、今年も健康診断の季節が来ましたよ~♪
と言って封書が来るのである。

自社で実費で事業所の従業員対象の健康診断をやろうとすると、
けっこう金がかかるので中々大変な訳だけれど、
東京都連? 国保? 良く知らないが、一人当たり13,500円の
補助金が出るので、自己負担金400円で健康診断が受けられる。

申込書に希望の日時を第一希望日と第二希望日、受診コースを記入して、
郵送して置くだけで良い。

一日当りの受付人数と言うのがあるので、場合によっては第一希望日には
受診できない事もあるそうだが、これまでずっと第一希望日で
問題無く受け付けられてるね。

ウチの場合はいつも「Cコース」を受けている。
身長、体重、血圧、血液検査、視力、聴力、眼底検査、胸部レントゲン、
超音波エコー診断、心電図、事情聴取と。(笑) こんな感じ。

バリュームとか胃カメラとかもあるが、私には合わないのでやらない。
女性の場合は婦人病関係とか、マンモグラフィーとかもやってる。

そうそう、メタボ診断もやるんだった。
で、で、で! 健康診断をしたあとはひと月後くらい? に、
診断結果が届くわけね。

私がいつもツベコベ言われるのが、超音波エコー診断の時。
腎臓に石があるとか無いとか、肝臓に蜘蛛状血腫があるとか無いとか。
毎日酒飲んでると、このままだと肝臓病とか、肝硬変になるぞ! とか、
エコーの技師の人に脅されるわけですよ。(笑)

酒はやめなくてもいいけど、適度な運動と、休肝日は必ず週に2日は
取りなさいとか言われるわけね。

適度な運動って言っても、私の場合、一日に数十歩しか歩かないし、
晩酌はクセのようなものだから、休肝日とかあり得ない。
とは言うものの、私ももう十分若くは無いし、ちょっと気にする事ではある。

アルコール度数の問題なのかなぁと思って、最近は焼酎からビール替えた。
ビールならアルコール度数は5%くらいでしょ?
焼酎の25%よりもマシだよね? どうなんだろ・・・

で、笑ったのが、視力検査。C のどこが開いてるかってヤツ。
私は「勘(カン)」が鋭いので、一番下まで見えちゃうんだよ。(爆♪)
一番下の列は正直言ってボヤ~っとしか見えないんだけど、
心の目で見ればわかるんだよね。
なので、両目とも視力は1.5と言われた(^◇^)

あの、心の目って言うのは、NHKの大河ドラマで「独眼竜正宗」って
やってたじゃん、伊達政宗の話のやつね。

あのドラマの中で、和尚が幼少期の正宗に言ったんですよ。
「何事も心の目で見れば、ハッキリ! 見えて来る!」と。
そう、両眼で見えないものは、第三の目「心の目」で見よって事。
私はドラマの中のその言葉に「な~るほど・・・」と感銘して、
あの時以来、視力検査の時は心の目「心眼」で見るようにしている。
その結果が視力1.5です。ガッテン! ガッテン!

でもさ、視力と言うのは何なのか良く分からんね。
だって、スマホ見てると目がボヤァ~ってなって、文字設定最大にしてる。
最近はタブレットの方を常用してるしな。

視力と老眼は別物なんだろうね。
初めて自分が老眼になってるって気が付いた時はショックだったよね~!
初めて自分も老眼になってるって気が付いた時のシチュエーションが、
非常に悪いタイミングだった。

その頃付き合っていた彼女と、初めてのお泊りの日。
ホテルのカウンターで宿帳書こうとしたら、字がぼやけて良く見えなかった。
あれ? って思って、腕時計見たら時計の針がぼやけて見えたんだよ。
な、なんでぇ? 見えなくは無いけどぼやけてるぞ? みたいな感じ。

彼女からどうしたの? って言われて、い、いや、ちょっと、ピントがね・・・
そう言ったら「あれぇ~? 老眼じゃない?(^u^)」
えっ? みたいな感じ。ショックやった。

私より彼女の方がちょっと年上だったもんで、見抜かれたんだよね。(笑)

何の話だ、健康診断の話だ。
病院で健康診断が一通り終了すると、検査のために朝食を抜いているので、
遅めの朝食が出るのですよ。

受付カウンターに検査全部終わったよ~ってカルテを提出すると、
朝食券をくれるの。それが大体午前10半頃。

時間的にすげぇ中途半端な時間なんだけど、病院の食堂で出る朝食が好き
と言うか、楽しみだったりするもんで。まぁ、シャケに煮物と漬物とか
毎年同じ何だけど、ご飯おかわり自由、味噌汁もお替わり自由なんで、
たらふく食って来るのね。(笑)

まぁ、診断結果が後日どのようになるか楽しみにしているところです。

2017-09-25 | Posted in BlogComments Closed 

 

ゆきみ企画、税金の講習会に行くの巻ぃ!

今日は某所で開催された「税金の講習会」へ出席。

この税金の講習会と言うのはね、
今年で第44回を迎える由緒ある講習会なのである。
つまり、もう44年もやっている訳だね。

(さらに…)

2017-09-22 | Posted in BlogComments Closed 

 

カシオ Gショックでカルチャーショック! な話

ヤマトの諸君、ご機嫌はいかがかな?

で、ある。ヤマトの諸君と言ってもクロネコさんの事では無い。
いまこのブログを読んでいるキミ達の事だ。

さて、今日の話は「オトコのプライド」についてお話ししようと思う。
「オトコのプライド」ってものは、誰にでもそれなりにあるもの。
言いかえれば「オトコのプライド」と言うものは、
「オトコのやせ我慢」とも言えるのだが、男は武器を持たなければいけない。
昨日の記事「Amazonマーケットプレイスが好きだ!」 の中でも出て来たが、
時計の話だ。
私は腕時計の事で、過去2回も人前で恥をかいた事がある。
しかも! 2回とも女からだ。
 

カシオ Gショックでカルチャーショック! な話

いいかい? 良く聞けよ? 男は武器を持たないとダメである。
外界との交流は、戦(いくさ)である。
戦場(いくさば)へ戦いに行くのに、
「甲冑」、「太刀」、「良質な栗毛(馬)」を持たずに、
ノコノコと出陣する武将はいない。
そんな事をすると、たちまち切り殺されるだろう。

男の世界は、今でもそんな戦国乱世の頃と何も変わらないのだ。

男と言うのはね、ナメられたら終わりなんだよ。
家ではどうであれ、外界と交わる時には隙を見せてはいけないものである。

なんだか疲れる書き方なので、普通に戻す。
あのね、私は数年前、とある団体組織の会計役員をやってた事があんのよ。
だからお偉い人達と会議やパーティーとかに出る機会が多くてね、
会議の後は勉強会と称して、コンパニオン呼んで宴会になるわけね。
パーティーの時は言わずもがななんだけどさ。

そう言う所に来る人たちと言うのは、全員が社長、経営者、役所の人、弁護士。
私も一応社長(経営者と言う意味で)なので、肩書きでは譲るところは無いわけだよ。

で、ある時いつものように会議の後の勉強会と言う名の二次会に参加してたのね。
コンパニオンの女性たちと雑談している時に、何となく腕時計の話になった。
誰かがロレックスの時計をしてて、それをネタに話が始まったんだけど、
コンパニオンの女がね、みんなの袖をまくりあげて声を出して言うのよ。

「この人もロレックス、こっちの人もロレックス♪ やっぱり社長の集まりね。」

えっ? と思ってその声がする方を何気なく見ると、だんだんコンパニオンが、
私の方に近づいて来る・・・ く、来るなッ! こっちに来るな! と、
冷や汗かきながらトイレへエスケープしようと思って立ち上がろうとすると、
コンパニオンの女の子につかまった。

「社長さん、あなたのは? 見せて~♪」

と、そのコンパニオンの女の子は私の腕を両手でつかみ、
スーツのソデをまくりあげた。(ジャック・スパロウの映画を思い出した)

「・・・・・。」

私の腕時計はAmazonで買った「安いのに高そうに見える!」と言う
宣伝文句で売っていた1万円の腕時計なのである。
しかもノーブランド(爆♪)

すると私の腕時計を見たそのコンパニオンの女の子が何を言うかと思ったら、

「キレイな時計ですね。(^^ゞ そう言う社長もアリかも。うふふ♪」

くそ~! すっげ~ムカつく! 女に笑われた! 屈辱的・・・
と思ったので、私は言い返した。
「キミはよぉ? どんなのしてるの見せてごらん?」
と、私が言うと、
「私のはカシオのGショックだからぁ、安物だよ。」
それを聞いて私は「なんだぁ、Gショックじゃ私のより安いじゃん♪」と、
コンパニオンの女の子の左腕を見ると・・・ なんじゃこりゃ~ぁ!

「なにそれ、そんなGショックの時計、見た事無い。」と言ったら、
「ね、カシオのGショックでしょ? 時計自体は5~6千円だけど、
 カスタムカバーが8万ちょっとくらい(笑)」

こんな感じのヤツ(画像をクリックで拡大)

「8万!? カバーなんて言うのがあんの? 知らなかった・・・」

その女の子によると、カシオのGショックって、結構マニア向け。
カスタムカバーとかして、みんな個性を出してるそうだ。
それに、デザイナーが最初からカスタマイズして売ってるのもあるそうだ。

こんなの。(画像をクリックで拡大)

う~ん・・・「私の知らない世界」(^_^;)

そしてコンパニオンの子からとどめの一言が・・・

「別にこだわりがなければ、見た目キレイならいいのよ。でも小さな声で言うね。
 オトコの人の持ち物って、結構大事で、見てる人はちゃんと見ているもの。
 今日みたいに社長さんたちの集まりだし、値踏みされてるって気が付いた方が
 いいよね。多分誰も何も言わないと思うけど、話相手にもなってくれないよ。」

屈辱的な言葉。こんな若い女の子からこんな事言われるなんて。
しかもだ、おととし伊豆へ旅行に行った時の宴会のおばさんコンパニオンからも、
「いい時計してますね。」とジャック・スパロウされて、各の如き、
「キレイな時計ですね、高そうには見える。(笑)」

メッチャ屈辱的。オレは海賊じゃねぇ! つーの!
たかだか腕時計くらいの事で、ここまで言われるか。
腕時計なんて単なる物で、時間が分かればいいじゃんよ! と思っていたが、
世の中は逆だ。時間なんてわかんなくていいんだ。北を指さないコンパス・・・
だからジャック・スパロウじゃねぇ! でもソコ大事なんだな。

「いい時計してますね。ロレックスですか。」と言って来る人はいるが、
「時間、ずれてますよ?」と言って来る人はいない。

たかだか腕時計の事で卑屈になるような思いをするくらいなら、
ロレックス買っちゃえばいいじゃん。これは贅沢で買う訳では無く、
「オトコの武器」として持つ。

ロレックスは腐ってもロレックスなの。
曲がりなりにも「社長」と言う肩書を持っている人は「ナメられたら枠の外」
東京都内でデパート行ってごらん? 店員は黙ってるけど、値踏みしてるよ。
銀行とか行ってごらん? ナメられたら適当な扱いしかしてくれないし、
別室へどうぞなんて絶対に言われないぞ? ロクに話もしてくれないし、
相談にも乗ってくれない。

東京都内って、おっそろしいところで、仕事で私の弟がマンションの駐車場へ
入ろうとしたら、ガードマンから「貧乏人は駐車禁止!」と言われて、
駐車場にも入れてもらえず、泣く泣く遠くのコインパーキングへ停めたと、
屈辱的だったと言って、車を買い替えた。

日産のNote に乗っていたので、貧乏人扱いされたらしい。
なのでアウディに買い変えて同じ所へ行ったら、何事もなくガードマンから、
「こちらからどうぞ♪」と、すんなりと駐車できたと言う。

わかるかい? 身なりは大事。ナメられたら話すら誰も聞いてくれない。
どっかの会社の従業員ならそんな事考えなくていいんだけど、
「社長」、「経営者」と言う肩書がついたなら、武器を持つ事は必須!

って事で、昨日の記事で書いたように、ちょっと時間はかかったけど、
ロレックスの腕時計を買った理由は、そう言う事だ。
腕時計くらいで人の値踏みをされちゃたまらんからな。
自分にとって不利になる要因は、一個でも取り除いてしまおう。

今日はこれまでです。では。
 

2017-08-17 | Posted in BlogComments Closed 

 

Amazonマーケットプレイスが好きだ!

ゆきみ企画の黒幕史・・・(爆♪)
インターネットを利用してこずかいを稼ごうって思って、
最初に始めたのがAmazonのマーケットプレイスでした。
比較的簡単に始められて、すぐにお金になったので、
こりゃぁ~いい♪ と。
でも現実はそう甘くは無かったんですよ。
 

ゆきみ企画の最近の実績

前回の記事で「ゆきみ企画のAmazon マーケットプレイス販売歴は9年」
と言いました。2008年9月から売ってます(笑)

始めた当初は古本を売ってました。
しかし、古本は在庫がかさばるので、うっとおしくなりました。

次に中古CDの販売へスウィッチして切替ました。
CDの方が形状、大きさが基本的に全部同じなので、
在庫を抱えるにしても場所を取りません。

当時は「大口出品者」としてAmazonに登録していたので、
売れても、売れなくても、毎月約五千円の登録料金が徴収されてました。

なので、好むと好まざると言わず、中古品を仕入れにお店に行き、
一日に何件もの中古品ショップに足を運びながらやっていた訳です。

確かにすごい儲かりました。
儲かりはしましたが、その労力は並大抵の事では無かったです。

人間・・・ お金のために働いていると精神的に辛くなります(笑)
金になりゃぁ、良いってもんじゃないんですよね。

まぁ、他にもっとお金になる事を見つけたと言うのもありますが・・・

とにかく仕入作業がしんどかったので、
Amazon マーケットプレイスでの中古品販売は一旦、撤退しました。

でも、根が中古品販売とかするのが好きなもんだからね。(笑)
梱包したり、発送したりとかね。
 

ゆきみ企画の復活!

3年くらい中断していたのだけど、また復活したわけですよ。
ただし、以前のように「大口出品者」ではなく「小口出品者」。

なぜかと言うと、毎月商品が売れても売れなくても毎月五千円、
Amazonに登録手数料が課金されるのはごめんだ! と思ってましたから。

別に本業としてやっている訳ではないので、毎月五千円差っ引かれて、
そこから利益を出していかないとならないと言う事は、
販売商品の価格の利幅を大きく取らないと赤字になってしまう。

仕入作業時間と商品数をたくさんキープしないとならないわけで、
これはものすごいしんどいんですよね。

しかも、たくさんの商品を扱う、たくさん売り上げなければならない
と言う事は、その商品が一体何なのか知らなくても、
売上を上げるため、カネにするため、好きでもない物を仕入れる事で、
やっていても楽しくないのですよ。

そこで私は「カネ」への執着を捨てました。
本業ではないし、何十万円も稼ぐ必要はありませんので。
仕入に費やす作業時間もほとんどゼロ。
だって趣味にしましたから、楽しいだけ。

商品をやたらめったら仕入れると、在庫が場所を取ってしまうし、
誰がやってもAmazonのマーケットプレイスは商品売れちゃうので、
大量の在庫はかかえる必要がありませんし、大量の仕入作業をする
必要もありません。

つまり、私は意識を変革した訳です。

自分自身も好きな商品を仕入。
自分自身がお客さんにお勧めできる商品のみ仕入れて販売する。
これをする事によって、発送作業が楽になり、楽しくなりました。
販売する商品の選定も楽に、楽しくなりました。

ただし、「カネ」への執着を捨てたので、
受取る販売利益も月に数万円程度になりましたが、
楽しい事を(ほぼ趣味)楽しく続けているだけで、
これが買えました♪

これ、前から欲しかったんですよ (^^ゞ
あえて、いくらしたかとかは言わないですけど、
これを買うために投資したタネ銭は、たった五万円です。

あぁ、時計を五万円で買った訳では無くて、
Amazon マーケットプレイスでの販売タネ銭が五万円と言う意味。

多少時間がかかりましたが、こう言うのが買えちゃうくらい、
Amazon マーケットプレイスでの販売は美味しいですね。

どうやってやるのかって? それは・・・ (^^ゞ
まぁ、ゆっくり気ままにやり続ける事だけです。
ではまた!
 

2017-08-16 | Posted in BlogComments Closed 

 

Amazon のぼったくり価格商品についての解説

今日はAmazonマーケットプレイス販売歴9年のゆきみ企画が、
「なんでそんなに高け~の?」と思える Amazon の、
ぼったくり価格商品についての解説をいたします。

amazon.co.jp のサイトを閲覧していると時々見かける
「あれ? 何でこれってこんなに高け~のぉ?」と思えるような、
定価の何倍もするような商品を見かける事がありますね。
たとえば、↓ こう言うヤツ。

2001年7月25日に発売された時の価格は4700円(税別)でした。
しかしAmazonでの現在の価格は・・・

そう言う商品には販売者側に、
いくつかの理由が存在いたします。
 

販売者側の裏事情

【その1】その商品がすでに絶版・廃盤になっており希少価値が高い

制作販売された年月日が古く、現在は生産されていないため、
入手困難の状況にあるので、プレミアムぼったくり価格で販売しても、
購入する人がいる。

【その2】一攫千金のような高額の利益を得たい

制作販売された年月日は比較的新しいけど、Amazon の販売手数料が高いため、
そこを考慮した上で、自分が欲しい利益分を乗っけて価格を決めている。
もしくは、素人のAmazon マーケットプレイス新規参入者であり、
中古商品の相場を知らないので、自分の欲望をむき出しにしている。

【その3】重要と供給のバランスが崩れている

その商品を欲しいと思ってるお客と、その商品を売りたいと思っている販売者の
需要と供給のバランスが崩れていて、お客 > 販売者 と言う図式になっている。
その逆に、商品の出品数の方が多く、買いたい人が少なければ価格は安くなる。

主にそのような販売者側の裏事情があります。
まぁ、以上は基本的なごく当たり前の話なんですが、
もう一つ、別な理由があります。
 

お客様は知らないもう一つの事情

Amazon マーケットプレイス販売者は、当然の事として販売する商品を仕入ます。
元手がかかっているんですよ。

やっぱり商品を仕入れたからには高く売りたい訳です。
Amazon マーケットプレイスでの価格帯と言うのは波があり、
同じ商品でも出品者が多くなれば、競合が発生します。

競合が発生すると、どんどん値崩れが発生します。
ひどい時には仕入の原価を割ってしまう事さえあります。
これを回避するために、この価格で購入する人はいないだろうと、
あえて価格をボッタクリ価格に値上げして、
競合の回避をして、価格帯の回復を待って寝かす。

出品者が減り、自分が思い描いている価格で販売できる時期を待つ。
その時期を見計らって、ここぞ! と判断した時に適正価格に下げて売る。
こう言った手法があります。

Amazon マーケットプレイスに出品している人達と言うのは、
まったくの個人、店舗等で中古品販売をしている業者の人に大別できます。

個人で自分使用した物を不用品として販売してる人。
個人でもお店等へ行って仕入れて、副業として販売してる人。
古本屋、中古品販売している個人で運営している人。
法人の業務として販売している業者。

お分かりのように、それぞれの立場によって商品の仕入れルートや、
販売個数が違うので、同じ商品でも仕入価格に圧倒的な違い、
販売個数に圧倒的な違いがあります。

そのような雑多な立ち位置の人達が、同じ土俵の上で販売しているので、
同じ商品であっても、価格帯に波が出るので、すごい安い価格の物が並んだり、
すごい高い価格の商品が並んだりします。

なので、販売に慣れている人は、その時々の価格帯を見極めて、
出品だけはして置くけど、自分の狙った価格帯になったところで売る!
と言うタイミングをはかったりしている訳です。

つまり「ボッタクリ価格」になっている商品と言うのは、
販売者が商品を仕入れても、まだ良い相場になるまでは売る気が無い状態。
塩漬けしている場合があると言えるのです。

ですからそう言った商品を見つけた場合には、
お気に入りに登録して置くと、
ある日、突然価格が下がっている場合があり、
購入者の人は無駄な高値を払わずに購入出来たりしますので、
商品購入の際には、是非参考にして下さい。
 

2017-08-15 | Posted in BlogComments Closed 

 

デジカメの有効な利用法について

最近はスマホで写真を撮る人がスタンダードになっている。
実を言うと数年前、長年のあこがれであった一眼レフカメラを購入した。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2ズームレンズキット付きと言うもの。

やっぱ写真撮るなら一眼レフでしょ!
露出がどうのとか、絞りがどうのとか、そう言う専門用語を駆使してカメラマンを気取りたかった。しかし、買っては見たものの、マニュアル操作は難しくて扱いきれなかった。なので、一眼レフで全自動おまかせ設定でどうでも良い写真をあれこれ撮っては写真集を作ったりしてた。

だがしかし、一眼レフは重いし、かさばるし、何か作品を撮ろうとかって思わないと家から持ち出さない事が多かった。

まぁ、当初は芸術的な写真を撮りたいとか思っていたので、それはそれで良かったんだけども、最終的に自分には一眼レフのカメラは向いていないと思ったのね。(笑)

それで、写真作品を撮ると言う事はあきらめて、もっと昔に買ったコンデジを使おうかと思って引っ張り出して来て、毎日持ち歩くようになった。

それがAmazonで2013/4/5に買ったこれ。
ソニー SONY Cyber-shot WX50 (1620万CMOS/光学x5) ブルー DSC-WX50/L

薄型、コンパクトで持ち歩きに便利。
動画も撮れるし写真も撮れると言うすぐれ物。

これを使い出したらもう便利で、便利で、あの一眼レフは何だったのか!
と思うことしきり。

私にはコンデジの方が向いていると言う事に気が付いたわけだ。
しかし、コンパクトデジタルカメラ、いわゆるコンデジだからそんな芸術写真とかを撮ろうってわけでは無いので、カメラの利用の仕方を変えた。意識の大変革だな。

常に持って歩けるって事から、芸術写真ではなく、記録写真と言う方向でデジカメを使うようにした。これが大正解だった。

セッティングとしては、日付挿入機能をセットして、撮った写真に撮った日付が入るようにしてある。記録写真にはもってこいの便利機能だと気が付いた訳だね。背景ボカシ機能を設定すればフェイク一眼レフみたいな事も出来るしさ。

そう思ってこのソニー SONY Cyber-shot WX50 (1620万CMOS/光学x5) ブルー DSC-WX50/Lを今は常に、どこへ行くにも持ち歩き、風景を撮ったり、建物を撮ったり、断舎利で捨てづらい物の写真を撮ってから捨てたりと、あらゆる事に使っている。

そしてそう言う事をやり続けていて、ある事に気が付いた。
それは、毎日何枚かの写真を撮って、写真が溜まって来ると、日付が入っているので、時系列で写真を整理してると、写真日記みたいな物が出来て来る。しかもそれが数年分になって来ると、さらに年、月、日別のフォルダに整理された時に、いちいち文章書かなくてもその写真を見るだけですぐにこの時はどんな状況で、どんな事を考えていたとか、していたとか、すぐに思い浮かぶんだよね。

まぁ、そんなのはGoogle Photo とかのクラウド機能で自動的に時系列で整理してくれるんだけど、それだとただ単に機械的に時系列で並べただけのもので、自分で手作業で想いを込めて整理した物とは全然違うんだよ。

だから、スマホでSNSに写真投稿してやるのとはまた意味が違って、自分のブログに貼りつけて文章書いてみたいな時に使い回すのがとってもいい。

▼こう言うのとか

▼こう言うのとか

日付入りだから、何でも撮っておくと良い。
こう言う写真を見てるとその時の状況がすぐに思いだせるので、
過去の日記を書く事だって出来る。

私は非公開の自分だけのための日記ブログがあるのだが、日記を書き忘れた時などに、非常に便利である。特に自分の家族の日常だったりすると、年月がたった時に非常に貴重な物になる。

何で自分の日記をブログで書いてるのかと言うと、最近はトン!と紙に文字を書く事が無くなった。ペンで紙に書くより、キーボード打った方が早いし、書き直しも簡単だし、写真や動画も入れられるし、自分の日記帳はブログで書くのがおすすめだな。あぁ、別にパスワード設定して自分だけが見られるようにしてある訳で、他人に気を使わず好き勝手な事書けるから、かなり楽しいぞ。プライベートブログ。

コンデジなんてAmazonで中古で安いのが色々売ってるから、やってみな。やっぱりスマホだと写真撮ってもどうも雑な写真が多くなるので、写真を撮るならコンパクトなデジカメを利用する事をお勧めする。

ではでは。

2017-07-24 | Posted in BlogComments Closed 

 

お財布の記憶と潜在意識のお話

先日、「COACHの財布を買ったので、本日より使い始め」と言う記事を書いた。

あぁ、最初に言っておきますが、私はヘンな人ですから、
多分普通に変な事を良く言いますので、
あまり気にしないようにして下さいね。

その後どうなっているかと言うと、ふと気が付くと財布の中身が増えている。
別に「COACHの財布」だからと言う事じゃないと思うが、
やっぱり自分が、何かインスピレーションを感じて、
気に入った物を買ったのが良かったのだと思う。

たまたま、ふと何気なく購入したのではなく、
ずっと売ってるサイトのページとかで、
入念に調べたり、それをもし自分が買ったとして、
その財布を使っている所を想像したり?(笑)

散々考えて、時間をおいて、でもやっぱりこれ欲しい♪
となった所で、欲しい気持ちがピークに達したところで買ったわけだ。

今までも財布は、ダメになったら適当にこれでいっか!
ってな感じで買っていたんだけど、
今回はまず気持ちから入っているから、自分にとって特別な財布である。

そして大事だなと思ったのが「儀式!」

新しい財布を使い始める前に行う「儀式」もちゃんとやったし。
前回の記事で書いていたけど、新しい財布を使い始める前には、
まず一万円札をピン札で50枚から100枚ほど入れて、
三日三晩、黄色い布に包むか、購入した時の箱に入れて寝かせる。
これは、これからアンタ(財布の事)の中には、
これだけのお金が常に入るんだよ♪
ちゃんと仲間を連れて戻って来るんだよ♪

と、良く言い聞かせて、お財布にお金がたくさん入ってる感覚を
しっかり覚えさせる訳だよ。

たださすがに一万円札をピン札で50枚から100枚ほど入れられるほど、
自分もまだ裕福ではなかったので(笑)
私の場合はピン札の一万円札を20枚でスタートさせた。

そう、常にお財布の中にそのお金を入れたまま、
実際に日頃自分が使う分のお金を入れて使い始めるのね。

そもそも、何で? と言うか、誰がそんな事をやっているのかと言うと、
いわゆる「お金持ち」と言われる人たちは、
普通にこう言う事をやっているらしい(諸説あり)ので、
まぁ、ばかばかしいと言うか、あほらしいとか?
自分でも思った訳だけれども、だまされたつもりで試してみた。

なんでも、聞くところによると・・・

あなたはお財布の中にいつもいくらくらい入ってますか?
と言うアンケートをしたところ、
一般的には、必要な分だけの金額で、
5千円~5万円くらいと言う人が多かったらしいのね。

まぁ、私も通常は2~3万ってところ。

ところが、お金と言うヤツはその人の器と言うものを表すらしい。
日頃、その程度の金額しか持たない人は、その程度の「器」だと。
だからある日宝くじに当たるとか、ボーナスで大枚入って来たとか、
急にまとまったお金が入って来ると、ソワソワしちゃって、
「何に使おう」とか、友人・知人に大盤振る舞いしちゃって、
とどのつまり、使い果たしてまた2~3万の生活に戻ってしまう。

これがフランス語で言うと「貧乏人の器」らしい。

じゃぁ、お金持ちの器と言うのはどう言うモノかと言えば、
日頃から数十万の金が財布に入っているので、
それと同じくらいのお金が急に入って来たとしても、
それが普通なのでザワザワ、ソワソワする事もないのだと言う。

確かになぁ・・・ 日頃から小さいお金しか動かしていない人って、
そんな感じだわな。日々一万五千円の集金ばっかしてる人が、
急に数百万円単位の集金をする事はあり得ない。

身近な例で恐縮だが、
私の知人は自営業で日銭稼ぎの仕事をしているので、
毎日が集金日だけど、動かしているお金が小さいんだよね。
私は普通に600万円現金で集金とかあるで、
あんまし集金日は無いけど動かすお金自体は大き目。
場合によっては一日で60万稼いだりとかもあるので、
あんまし仕事に行かないのが玉に傷だったりする。
理由は簡単、毎日仕事するのが好きじゃない(笑)

つまり、小さいお金ばかり扱っていると、
そう言うお金しか扱えない「器」に知らず知らずのうちに
なってしまい、そう言う人って絶えず小さなお金を毎日使っている。
それじゃぁいつまでたっても、お金が貯まる訳は無い。

で、本題に戻そう。
「お財布の儀式」の話。

アホみたいな話ではあるけれど、お金持ちがやっていると言う
「お財布の儀式」で、身の丈に合わせてピン札の一万円札20枚を、
常に持ち歩き、先月ある事があって一回で全部使った。

ありゃ~・・・ 財布の中のお金、全部無くなっちゃったよぅ・・・
「お金持ちの法則」はウソだったのかよぅ・・・

と、少々ヘコんでいた所、不思議と前にお財布に入れていたお金たちが、
仲間を引き連れてちゃんと戻って来てくれた。

「お金持ちの法則」は、本当だったんだね。
マジ不思議だわぁ・・・

新しいお財布を使う前にはピン札の一万円札を入れて寝かす。
そのお金は一旦全部出て行くけど、必ず仲間を連れて戻って来る。
しかも、同じくらい多くの仲間を連れて来る。
これが「お財布の記憶」であり、「お財布の潜在意識」と言うモノ。

自分も半信半疑だったが、ホントにそう言う事が起きたので、
戻って来てくれた事に感謝しながら、最初は20枚だった一万円札を、
今は30枚にしてまた財布の中に入れている。(笑)

ね、私はヘンな人なもんで、ヘンな話でしょ?
別に信じるも信じないもあなたの勝手。
やるかやらないかもあなたの勝手。

ただこれだけは言える。
お金はお金を好きな人の所にだけやって来る。
「ここぞ!」と言う時にだけお金は使い、
小さなお金を毎日使う事は貧乏の始まり。

これが「お財布の記憶と潜在意識」と言う話でした。
  

2017-07-10 | Posted in BlogComments Closed 

 

白髪染め、私はこれを使ってます

利尻こんぶの白髪染め。
いわゆるヘアマニキュアって奴で髪を染めてるんだけどねぇ。

いやぁ、寄る歳並みには勝てないと言うか、もう髪の毛真っ白だよ。
大体さ、ウチの母方の一族は「ハ~ゲ~!」はいなくて、白髪系なんだよね。
私は母親似なので、母方一族のDNAが多い。と自分では思っている。

でね、ちょっと白髪が目立ちだしたなぁ・・・ って時分は、泡式の白髪ボカシを使っていたんだけれども、数日経ってくると髪が赤く? 茶色く? なって来る。
いかにも白髪染めてます系の茶色っぽい色になって来る。

なので、そうならないような白髪染めは無いかなぁ・・・
って楽天で見てたら、良さそうなのがあった。

北海道利尻のこんぶを原料に使っている天然素材だから、ツン! とした嫌な匂いも無くて自然な染め上がりです!

ねぇ、なんか良さそうでしょ?

んで、説明ページを丹念に読んで「うむ、これは良さそうだ。科学物質は使ってないみたいだし。」と思って、試しに購入して見ようかと。

ただ、白髪染めって何となく抵抗があったもんで、最初は姉妹品の「白髪染めシャンプー」と言うのを注文してみた。

ヘアマニキュアの方は、染めるのに時間がかなりかかりそうだったし、面倒くさい感じがしたので、シャンプーと白髪ボカシが一体化してる白髪ボカシシャンプーの方が簡単そうだと思ったのね。

シャンプーの方は、ひと瓶使い終わる頃には徐々に染まって行って、白髪が目立たなくなると言う物。

ヘアマニキュアの方は、一回でかなり染まると言う物。


  

基本的に白髪ボカシと、毛染めは違う物

基本的に白髪ボカシと、毛染めは違う物なので「目立たなくする」のと「染める」と言う違いがある。まぁ、どっちでも利尻こんぶの物なので、簡単な方でいいかと。

でね、白髪ボカシシャンプーを初めて使ってみた時は、この利尻こんぶシャンプーで普通に髪を洗うだけなので、これは使い勝手が良いと。あくまでも白髪ボカシなので、真っ黒になる訳ではないが、確かに何回か使っているうちには目立たなくなりそうだなと思っていた。

でも、ある程度繰り返し使っていると、頭打ちと言うか、これ以上使っていても変わりません! みたいな状況になって来る。やっぱりあくまでも白髪ボカシだしね。そんで二瓶使い終わった時に、お値段もけっこうパンチが効いてるし(笑)使うのをやめた訳ですよ。

それで一カ月くらいした時に鏡を見て気が付いた。やっぱ白髪ボカシでも、使っている時と使わない時ではこんなに違うものなのか! と効果に気が付いた(笑)

いや、私の白髪が進化した? のかもしれない・・・

ある時、やっぱこんなに髪の毛真っ白だと凹むなぁ、接客の時に見栄えが悪いだろ! と思って、再び利尻こんぶシャンプーを買おうかと思ってたんだけど、どうせなら染めちゃった方がいいんじゃねぇ? と思って、今度はシャンプーでは無く、利尻こんぶヘアマニキュアの方の商品を買ってみた。
 

ヘアマニキュアは染めるのに時間がかかる

同じ利尻こんぶの物ではあるが、シャンプーの方とは使い方が違うので、結構めんどくさい。シャンプーの方は普通に洗髪すればいいだけだったが、ヘアマニュキュアの方は道具と段取りが必要だ。

揃える物は、ビニールのヘアキャップまたはサランラップ。
毛染め用のハケとクシ。
トレイまたは手のひら。
薄手のゴム手袋。

私の家には以前、母が使っていたビゲンのヘアカラーに付録として付いていた道具がたまたまあったので、それを使っている。

手順としては、
1.自分の後に誰も風呂に入る人がいないように段取りをする。
2.湯船に入る前に乾いた状態で、ヘアマニキュア剤をトレイに注入。
3.ゴム手袋をして、ハケでヘアマニキュア剤を塗りたくる。
4.クシを使ってまんべんなく髪の根元まで行き渡らせる。
5.ビニールのキャップかサランラップで髪全体を覆う。
6.15分から30分間くらい放置、その間に湯船に浸かっても良い。
7.時間が経ったら良く洗い流す。
8.風呂から出て髪をドライヤーで乾かせば終了。

まぁ、ざっとこんな感じ。
すると強力な白髪ボカシが完成する。え? 白髪ボカシじゃなくて染めたんだろ? と言う声が聞こえてきそうだが、ヘアマニキュアとは言うものの、やっぱり一週間に2~3回くらいの割合でこれをやらないと、満足できるレベルには至らない。初回は強力な白髪ボカシだと思わないと不満が出るので、そう思っても繰り返しているうちに髪が染まって来るので、結果を急がない方が良いと思う。

ただ、他社の一回で染まる化学物質配合の物は、色が抜けて来ると白髪染め特有の茶髪になってみっともない事になるが、利尻こんぶの天然素材はそれが無いので、私は気に入っているのである。

別に「だからアンタもこれを使いなさい」とか言っている訳では無くて、私はこの商品が気に入っていると言う話をしているだけである。

  

 
 

2017-06-29 | Posted in BlogComments Closed 

 

Lenovo の新しいPCを買った

何年振りかで、Lenovo の新しいノートパソコンを買った。

今現在のメインパソコンは、デスクトップのLenovo パソコンなのだが、これはOSが windows7で、非常に使い易い。ただ、これももう結構前に買ったものなので、やはり不具合なところが出始めている。

致命的なのはDVDディスクを認識せず、ディスクを挿入しても何も起こらない(笑)

それとキーボードの「N」の文字が完全に消えてしまっていて、ひらがなの「み」の文字しかない(笑)

まぁ、それは良いのだが・・・

そのほかにもVista OS のパソコンと、XP OS の富士通ノートパソコンを持っている。

これらはそれぞれの特徴的機能があるので、スペアーマシンとして時折使っているが、どちらも年代物のパソコンなので、動きがとにかく遅くて非常に悩ましく思っていた。

昔のパソコンって、こんなに動作が緩慢だったかなと、そしてこの度、ついにVista OS のマシーンが壊れたのである。

Micro Softのサポート終了が引き金

古いOSのパソコンを使い続けるのも、それはそれで良いのだけれど、昨今、ウィルスの拡散が激しいようで、ネットショップでの買い物やネットバンクの利用を考えると、サポートの終了した古いOSを使い続けるのはかなりヤバイ気がするので、この辺りが潮時かなと。

OSのサポートが終了すると、ネットバンクなんかでも「非推奨環境」と言うレッテルを貼られてしまう。Yahoo.co.jp のホームページにアクセスしても最上段にアラートが表示されるし、不愉快なんだよね。

だったらここらでもう一度、自分のPC環境を見直して最新のOSに切り替えようかと思ったわけ。とは言うものの、どうもWindows10と言うOSに抵抗があって、中々その気になれなかったんだけど、どの道この先世の中はWindows10に変わって行くわけだし、割り切るしか無いよなと。

Amazonを物色する事になる

メインマシンのディスクトップPCはもうしばらく使えそうだけど、基本的にPCって奴は「ある日突然壊れる物」なので、そうなった時に困らないように常に同等のスペアーマシンを準備しておく事が肝要である。

ただ、デスクトップマシンのスペアーを置いて置くスペースもないので、今回は15インチのノートパソコンを購入する事に決めた。購入条件的には、帳簿関係に多用するためExcel が使い易い事と、動画を良く見るのでと言う事からディスプレイの解像度は FLL HD サイズが必須。

10キーも無いと困るし、かと言ってそんなに高価なPCは必要ないから、安いのが良い。そもそも今どきのパソコン端末と言う物は消耗品だと思ってる。高いパソコン買ってしまうと壊れた時の精神的ショックが大きい(笑)

重要なデータはDorop Box に保存してしまうので、大容量のハードディスクも不要だし。と言う事で今回買ったのがこのノートパソコンである。


【Full HD液晶】Lenovo ideapad310 80SM01XHJP Windows10 Home 64bit Core i3

夜の11時くらいに注文したら、翌日の夕方4時くらいに届いた。(゜o゜)
クロネコさん、ご苦労様です!

早速箱を開封して本体や付属品を確認。と言っても付属品は電気コードと紙っペラの取扱説明書のみだった。昔みたいにCDとか電話帳のような取扱説明書は無いんだね(笑)ノートパソコンなので、小さな箱一個に梱包されていたね。

とりあえずセットアップんだが、これも昔に比べればすごく簡単でああああああああああああああああっと言う間に終了した。ほう、これがWindows10か。そのまま沈黙してシゲシゲとディスプレイを眺めていた。えっと・・・ どこをどうしたらどうなるんだ?

Windows7とはぜんぜん違うので悩む。

まぁとにかくエクセルとWordをインストールしないと何も始まらないと思ったので、昔買ったOnkyo のPCに付いていたCD-ROM を引っ張り出して来て、office 2007 をインストール出来るかやった見たところ、何の問題も無くインストールできたし、ちゃんと動作するので、Out Look でメールの送受信も出来ると大喜び。

その後はあれこれと必要になるソフトをインストールして設定しまくる。ブラウザも使い慣れているキツネさんを入れて、クロームも入れて、少しづつ現在のデスクトップメインマシンの仕様に近付けているが、これがなかなか大変な作業である。

まだそう言う事をしている真っ最中なので、追々何か気付いたりした事があったら書いて行く事にする。とりあえず今は新しいノートパソコンを手に入れたのが嬉しいと言うことでありんす♪

2017-05-28 | Posted in BlogComments Closed 

 

カード払いで得はできません!

クレジットカードで買い物をするともらえるポイント。
これはお得なのか、どうなのかと言う事について考えてみよう。

まず最初に、私はAmazonと楽天での買い物は、
すべてクレジットカードです。

理由は二つ。

一つは、振込とか代引きとか、コンビニ払いとかが面倒くさいから。
もう一つは、楽天カードでポイントが溜まるから。(笑)
つまり、楽天カードマンである。

そして車にガソリンを入れる時も、クレジットカード。
ただし、近所のガソリンスタンドで作ったコスモカードを使っている。

理由は、ETCカードとしても使えるので便利だし、
給油時も会員価格で割引されるのと、キャンペーン時にはさらに安くなる。
年会費は確か無料・・・ だったかと思う。

どうだ、私はクレジットカード常用者だぜ! (^◇^)

ではなぜそんな私が「カード払いで得はできません!」と言ってるのか。

便利と引き換えに、不便を感じているからです。
それはね、利用日と支払日に時間差があるからです。

ゆきみ企画は個人事業者なので、
青色申告であり、複式帳簿で経理をしているので、
自分のプライベートでも、家計簿をバッチリ付けているから、
利用日から決済日までにタイムラグがあると、
帳簿を記帳するのが面倒くさい事になるのです。

ところがある日、ガソリンを車に入れる時に、
たまたまいつも利用しているコスモのガソリンスタンドではなく、
出先でふと目に着いたスタンドで、現金払いで給油をしたのさ。

現金を使ったので、早速帳簿に記帳して、
月末に月次決算をして、ふと気が付いた。

あれ、ガソリン代は支払済んでるじゃん。
カード払いのための現金を取置きして置かなくてもいいのかぁ。

これだ。そう、これね。

月末の集計、決算する時にはすでに支払は無く完結している。
なるほど、そう言う事か。

今までクレジットカードの方が、すぐに支払をしなくて済むし、
クレジットカードでポイント貯まるから、現金で物を買うより、
断然お得だと思って、何も考えていなかったな。

そう思ったのね。

自分も含めて、一般的な人は目先のちょっとのポイントとか、
ほんのちょっとの値引き額に捕らわれて、
小さなお得を手放す事ができない。

良く良く考えてみると、現金が一番便利でお得だと、
気が付いちゃったわけですよ。(笑)

帳簿や家計簿の記帳や集計作業って、けっこう面倒なんだけど、
決済にタイムラグが無ければ、その時、その時で、
物事が完結してしまう。

これを便利と言わずに、何を便利と言うのか。
 

自分にとって何が一番大切なモノか

自分にとって一番大切なモノって、時間だよね。
面倒くさい作業に割かなければならない時間ほどもったいないものはない。

一つ一つ物事が完結して行けば、生まれるのは自分の時間。

自己投資のために本を読んでもいいし、眠ければ寝てもいい。
遊びに行きたければ、遊びに行ってもいい。

昨日の記事にも書いたけど、何事にも自分主導でやるようにしないと、
充実した楽しい人生は過ごせない訳で・・・

要はいつでも一括払い出来るだけの現金を用意しておけば、
そう言った事も出来るようになるんだよね。

わずかばかりのクレジットカードに付くポイントのために、
広告見て、ホントは特に必要でもないのに衝動買いして、
業者の上手なセールス文に乗せられて、お支払いは二ヶ月後でOK!
とか、結局買った物は、買った物。支払いは支払。

クレジットカードの請求が来た時にぎょっ!(笑)
わずかばかりのポイントもらって、あとで支払いに苦しんだり。

要は、自分の予算があって、その中で予定していた物だけを買う。
クレジットカードを使っていると、何でも買えるし、
ポイントが付いてとってもお得だと信じ込んでしまう。

そもそもお金を貯める方法で一番有効な事は、
欲しい物がある、それはいくらするの、じゃぁ積み立て開始!
そして積立てが完了、購入する。

と言う予算積立て方式で欲しい物を購入するようにすると、
自然と貯まるもの。衝動買いしなくて済む。

大体ね、今すぐ手に入れないと買えなくなる物なんて、
普通は無いもんだよ? 

それに、積立てしている間に考える時間が出来るので、
本当に自分はそれが必要で、欲しかったのかな?
って、冷静になって無駄使いしなくて済む。

そう言う風にやっていると、積立てしている間に、
もっと良い品物が出て来たりするんですよ。

人により価値観って違うので、一概には言えないけど、
私はこのやり方を推奨しますね。

クレジットカードのポイントを集めるよりも、
手間を省いて自分の時間を作る。

ナナコカード作ったけど、クレジットカードからチャージして、
セブン銀行で残高確認をしないと、ナナコカードは使えないなんて、
どんだけ手間ひまかけさせるんだよ?
そんな事をする時間があったら、その場で現金で支払する方が、
はやくねぇ?

そう思ったので、ナナコカードでさえ意味無いと。
ファミマじゃ使えないし・・・

こう言うのが人にイニシアチヴを取られるって事です。
そう言う事をやってると、いつまでたってもお金は増えないし、
自分の時間も作り出せないし、結局他人に振り回されっぱなし。
と言う事になるのです。
  

2017-04-25 | Posted in BlogComments Closed 

 

織田信長の人間五十年は今も変わらない

人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか

これは御存じ、織田信長が本能寺の変で明智光秀に襲われた時、
炎の中で「敦盛」の舞を舞いながら果てようとした時に詠われた、
「敦盛」の一節ですが、これは人間の一生は50年と言う意味では無く、
人の世の時の流れの儚さについて詠っているそうです。(知らなかった!)
ウィキペディア 

とは言うものの、自分の実感として思う事は、
「やっぱ、さすがに50代に入って来ると考える事が多くなるよなー!」
てな感じ。

リアルな実際の平均寿命が、おおよそ80歳とすると、
人生の折り返し地点は40歳と言う事になるが、
40歳と言うのはまだ何となく、
30代のノリみたいなものを引きずっていて、
そんなに歳とった感じはしなくて、
自覚症状はないんだよね。

まぁ、四十を越えると、
ちょっと疲れが抜けにくくなった気がするとか、
感じる時があると言うくらい。

あのね、自分が経験上で思った事なんだけど、
「年齢の区切り」ってあるじゃん?
10代、20代、30代とか。

若い時分はこう言った十進法で区切れたんだけども、
歳とって来ると、35歳から45歳とか、
45歳から55歳、55歳から65歳、
65歳から75歳、75歳から85歳みたいな感じに、
年代の区切りが、1から始まりでは無くて、
5から区切りの始まりと言うのが正しい? 気がする。

40歳と、45歳の目に見えない「差」って言うのが、
意外に大きい。

若年の頃は学校の年齢区分で納得できる。
若い時代は20代、30代と言う10年周期で区切る方が自然。

ところがね、40歳を過ぎると、
若い人と老人との中間的ファジーな立ち位置になるので、
ゼロ、1、から始まる年齢区分だと、どうもしっくり来なくなる。

なんつーのかなぁ・・・

40歳の人って、全然若いんだよね。
それまでやって来た事がそのままやれる。
遊びでも仕事でも。

ところが45歳と言う立ち位置になると、
これまでと同じ事を同じようにやろうとすると、
できるんだけど、できるんだけども、
ちょっと頑張らないと同じようにやれなくなる?
前日の疲れが抜けずに翌日に残るようになる。
微妙に違和感を感じるようになるのね。(笑)

頭の中は20代の頃とノリは変わらないのに、
その世代の人達とはズレみたいなもんが出て来て・・・

で、これがさすがに50代に踏み込んで来ると、
30代の人の話にも付いて行けず、新しい事が覚えられず、
どちらかと言うと、60代くらいの爺さんたちがしてる話の方に、
共感できたり同調できたり、違和感を持たなくなったりする。

と言うか、現実感を持って先々の事が心配になって来るんだよね。
会社員であってもさすがに50歳を過ぎて来ると、
定年も近くなって来るでしょ?
早ければ60歳、長くても65歳?

個人事業者の場合は、定年は無いとしても体は動かなくなる訳で、
後継者がいるならともかく、自分一代で終了! となった場合、
今の仕事が続けて行ける職種なのかどうかで、
事実上の定年みたいな感じになる。

肉体労働できつい職種をしているなら、いわずもがな。
頭脳労働でも頭が回らなくなるし、軽作業、単純労働ならね
それなりに仕事を続けて行く事はできる。

会社員だとしても、50歳と言う立ち位置になると、
このまま定年まで穏便に勤め続けるべきか、
転職するべきか、
いっそここらで自立して起業した方が良いのか、
考える場面になる。

独立するならするで、50歳のタイミングはラストチャンスでしょ?
ここで自立するメドが立たないなら、定年まで勤めた方がいい。

現在、個人事業者であるならば、50歳過ぎたらもうその後の事に
思考を巡らせる時期である。

後継者はいるのか、体が動く間は続けて行ける仕事なのか、
止めたとしたら収入が途絶えるが、生きて行けるのか。

会社員、個人事業者、どちらの場合でも、配偶者や子供がいる場合と、
いないで単身・独身の場合でやるべき事が違って来るけどね。

こんな事を考えるのが50歳代である。(笑)
 

取越し苦労をしなくて済むようにするには?

こんな先々の事を悩まないようにするには、
ど~すれば良いのかって事ですが、
生活状況をシンプルにして置く事が大事。

竜宮城で楽しく乙姫様から接待されて遊び呆けていると、
浦島太郎のような結末を迎えてしまうわけで。

そうなりたくないならば、生活をシンプルにして行く。

やりたい事や欲しい物、めんどうな事に巻き込まれない。

自分にとって本当に「やりたい事」だと思うものに集中する。
そう言うモノを見つけて、余計な事はやらない。

自分は何をしていられればハッピーなのか、
自分なりにイメージして、理想を思い描いて置く。

欲しいと思う物を買おうとする時も、
新聞や雑誌、ネットの広告を見て、
「これ欲しい」と言って物を買うのではなく、
これが欲しいから広告を見て物を買う。

他人から頼まれ事をされたと言って、
自分の時間を割いてそれをやるのではなく、
自分じゃなくても出来る事案なら他人へ振る。
自分しか出来ない事を選別して、
めんどうな依頼はすべて断る。
仕事でも遊びでも、変な義理にからまれない。

自分にとって充実した人生を送るなら、
そう言った迷いや面倒な事は、
極力減らして行くようにして、
何事も自分で背負わない事が大事。

もし今そう言うモノを背負っているならば、
すぐに一つづつでいいから、背中から降ろして行こう。

自分にとって本当に必要なモノとか人間関係なんて、
それはほどは多くない。

生活をシンプルにして行くと、自然と貯金も貯まります。

今現在、貯金残高が少ないなと思う人は、
自分を振り返り、過去から未来、周囲を見渡して見ると、
いかに自分が余計な事ばかりして来たのかと理解できるはずです。

生活がシンプルになると、未来予測も立てやすくなるし、
何よりも自分自身が「楽」になるよ。

人間誰しも年齢を重ねれば重ねるほど、
余計な荷物を背負っちゃうもの。

それが無けりゃ、生きてけないと思う事以外は、
できるだけ背中から降ろして行っても、案外大丈夫ですよ?

人間五十年・・・
生きる、死ぬでは無く、第一戦の座を継続出来るのは、
まぁ一生のうちで、五十年間と言う意味だと感じております。
  

2017-04-24 | Posted in BlogComments Closed