【MIDI】クリスマスソング特集!

ハロウィーンは終わった! 七五三も終わった! あとはこれだろ!
皆さま、メリークリスマス~! (^^)/

なに? まだ早い? だと? いや、そんな事は無い。
もう私の家の近所ではクリスマスのハウスイルミネーション、電飾始めているぞ。
なので私もすでに気分はクリスマスじゃ。(笑)

そんな訳で今回はMIDI製作第四弾! クリスマスソング特集じゃ。
し、しかも3曲同時公開と言う贅沢な特集である。

まずは本日の1曲目。
私の場合クリスマスと言うと、すぐに思い浮かぶのがこの曲。
マライア・キャリイーの「恋人たちのクリスマス」とにかくこの曲を聴いてクリスマス気分を盛り上げて頂きたい。
では【MIDI】恋人たちのクリスマス/マライア・キャリイー張り切ってど~ぞ~♪

どうよ、少しはクリスマス気分になれた?(笑)
ちなみに、MIDI製作ソフトはSinger Song Writer Lite の Ver.6 で作りました。

やっぱさ、クリスマスソングって言うくらいだから、アメリカの曲から始めないとダメだよな。そうなればマライア・キャリーって事になる。ワムとか言うなよ? 私の年代ではマライア・キャリイーなんだからな。それにしてもマライア・キャリイーには一時期ハマったなぁ。彼女のあの声が好きだ。だがしかし、MIDIなのでその歌声は聞けない。(笑) 

さて、クリスマスソングも日本へ取って返して、本日の2曲目。日本でクリスマスソングと言えば、稲垣潤一でしょ。そう、なぜか一人でドラムをたたきながら歌うと言う、意味の良く分からないパフォーマンスで脚光を浴びた。(笑)

いや、バンド・グループでその曲をドラムをたたいてる人が歌う、と言うのなら話は分かるが、ピンで歌うのに、バンドもいないのになぜドラムを叩きながら歌うのか、私には意味不明だった。でもあの頃はそれが新しかったんだろうな。

と言う事でクリスマスソング特集本日の2曲目はこの曲。
【MIDI】クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一 謹んでご拝聴下さい。

はい! と言う訳で、稲垣潤一さんの「クリスマスキャロルの頃には」をお楽しみいただきました。(^_-)-☆

ところで、皆さんはクリスマスの思い出とかあるんですかね? わたしゃ、中島みゆきさんの夜会を渋谷へ見に行ってその帰り、しっとりと夜のとばりの降りた渋谷の道路に建つ電話ボックスの中で、公衆電話の受話器を握りしめて、シクシク泣きながら話をしている女の子を見つけ、おや? 何か訳アリだなと見てたんですが、やがてその女の子は力なく電話ボックスの中でしゃがみこんでしまった光景が今でも目に焼き付いております。一体その子の身の上に何が起きたのでしょうか。色々想像できますな。

さて、今回のクリスマスソング特集もラストナンバーとなります3曲目。
もうこれは私にとって胸が苦しくなるような思い出の曲でございます。

【MIDI】いつかのメリークリスマス/B’z 残念ながら稲葉さんの歌声はありません。

う~ん、泣けるな。胸にじ~んと来ますわ。あのね、この曲「いつかのメリークリスマス」なんですけど、その頃大好きだった「木内雪美」と言う踊り子に会いに行くため、仕事から帰ってから車を飛ばして栗橋まで毎晩ではないけど、彼女が踊っている劇場まで通っていたんですよ。ホンのひと時客席から舞台を見上げ、木内雪美が踊る姿を見て、カッコいいなぁ~、素敵だなー! とか思っていた。

で、いつものように劇場から帰る車の中でB’z のCDを流していたんだけど、ちょうどそれがクリスマスシーズンで、この曲が聞こえて来ると木内雪美がこの曲で踊るステージの事を思い出して涙すると言う。(笑) まぁ自分にしか分からない話なんだけど、栗橋の劇場からの帰り道は、私の車の中にはこの「いつかのメリークリスマス」がいつも流れていた。そしてこの曲を聴きながら私は涙を流していたと。若かったなぁ、あの頃。でも一番楽しかった時代。(笑)

と言う個人ローカルな話も飛び出してきたところでクリスマス特集は、
これにてお開きとさせていただきます。

では皆さま、お足元お気を付けになってお帰り下さい。
またのご来場をお待ちしております。ありがとうございました~!

 


2020-11-16 | Posted in MIDINo Comments » 

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です